ISOGEN、ISOGEN-LS

RNA抽出用試薬
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ISOGEN 315-02504 10 ml 5,600円 医薬用外劇物
ISOGEN 317-02503 50 ml 19,000円 医薬用外劇物
ISOGEN 311-02501 100 ml 28,000円 医薬用外劇物
ISOGEN 319-90211 200 ml 50,000円 医薬用外劇物
ISOGEN-LS 317-02623 10 ml 5,600円 医薬用外劇物
ISOGEN-LS 311-02621 100 ml 32,000円 医薬用外劇物

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


ISOGENE-LS(10 ml)


ISOGEN(10 ml)

ISOGEN

ISOGEN(アイソジェン)は、ヒト、動物、植物および細菌からのRNA 抽出用試薬です。液相分離による方法を用いており、 同一試料からDNA およびタンパク質も単離することが可能です。一連の操作でRNA、DNA、タンパク質を単離できるので、貴重な試料の分析に有効で、また、操作が簡単なので試料数が多い場合にも便利です。
対象試料: 組織、細胞、植物、細菌

ISOGEN-LS

ISOGEN-LS(アイソジェン-LS)は、血液や血清のような、容量が大きく(>100 µl:1.5 mlプラスチックチューブで処理する場合)濃縮が面倒な液体試料からのRNA 抽出用試薬で、ISOGEN を液体試料用に改良したものです。試料に加えるISOGEN-LS の量比が異なる以外は、ISOGEN と同一の結果を得ることができます。
対象試料: 全血、液体試料

原理

本品は、フェノールとチオシアン酸グアニジンを含む均一な液体で、試料にISOGENまたはISOGEN-LSを加えて溶解またはホモジナイズした後、クロロホルムを加えて遠心分離すると、ホモジネートは水相、中間相、有機相の3 相に分離します。水相にはRNA のみが存在し、DNA およびタンパク質は中間相以下に存在します。従って、まず水相を採取してイソプロパノールを加えてRNA を沈殿させ、残った中間相と有機相にエタノールを加えてDNA を、さらにイソプロパノールを加えてタンパク質を沈殿させることにより、RNA、DNA およびタンパク質を順次単離することができます。

特長

・フェノール及びチオシアン酸グアニジンを主成分とした均一溶液・液層分離の際に便利な着色溶液(ISOGEN : 青色、ISOGEN-LS : 赤色)・一連の操作でRNA、DNA、タンパク質の単離が可能・簡単、迅速 (RNA単離時間 : 約1時間、DNA : +2時間、タンパク質 : +2.5時間)・高回収率・組織や培養細胞などの試料にはISOGEN・血液等のように、容量が大きくさらに濃縮の面倒な液体試料にはISOGEN-LS

▲このページのトップへ

製品内容

ISOGEN (10 ml、50 ml、100 ml、200 ml)
構成品 容量 保存 備考
ISOGEN 1本 2~10°C
(遮光)
医薬用外劇物
外観:青色溶液
容器(プラスチックボトル)が保管袋に入っています。
ISOGEN-LS (10 ml、100 ml)
構成品 容量 保存 備考
ISOGEN-LS 1本 2~10°C
(遮光)
医薬用外劇物
外観:赤色溶液
容器(プラスチックボトル)が保管袋に入っています。

輸送方法

ニッポンジーンでは本品を室温で送付しております。製品到着後、2~10°Cで保存していただくことにより、問題なくご使用いただけます。

▲このページのトップへ

使用例

プロトコール

RNAの単離
DNAの単離
タンパク質の単離
プロトコール1-1 RNAの単離
プロトコール2 DNAの単離
プロトコール3 タンパク質の単離
プロトコール1-2 微量試料からのRNAの単離
プロトコール1-3 植物試料からのRNAの単離

ISOGENおよびISOGEN-LSの上記プロトコールは製品マニュアルをご参照下さい。

実験データ一覧はこちら

▲このページのトップへ

Q & A

グラム陽性菌からRNAを抽出する方法
酵母からRNAを抽出する方法
骨からRNAを抽出する方法
small RNAと高分子RNAを分けて抽出することはできますか。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

使用上の注意

備考

参考文献

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
和光純薬工業株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ