ISOGEN II

total RNAおよびsmall RNA抽出用試薬
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ISOGEN II 317-07363 10 ml 13,000円 医薬用外劇物
ISOGEN II 311-07361 100 ml 28,000円 医薬用外劇物

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


遠心分離後の沈殿


ISOGEN II 10mL

ISOGEN II (アイソジェン II )は、動物組織および培養細胞からのtotal RNAおよびsmall RNA抽出用試薬です。本品は、フェノールとグアニジンを含む均一な液体であり、細胞成分との相互作用により、シングルステップでRNA を単離できます。
従来法の試薬(ISOGEN やISOGEN-LS)のようにクロロホルムを用いた液相分離の必要がありません。試料にISOGEN II を加えて溶解またはホモジナイズした後、水を添加すると、DNA、タンパク質、ポリサッカライド等は沈殿(不溶化)するため、遠心分離によって除去できます(右図)。上清をエタノール沈殿、洗浄、溶解すると、高純度なRNA が単離できます。 なお、ISOGENOMEと組み合わせて使用しますと、ISOGENのように同一サンプルからDNAも抽出することができます。

特長

・RNA の単離にクロロホルムを使用しない・従来法の試薬(ISOGEN など)よりもsmall RNAの抽出効率が良い・高分子RNA(>200 bases)と、small RNA(<200 bases)を分画できる(分画しない方法もある) ・DNAの混入が少なく、抽出したRNAはそのままRT-PCRや定量RT-PCRに使用可能・約1時間でRNAが抽出可能

用途

▲このページのトップへ

製品内容

ISOGEN II (10 ml、100 ml)
構成品 容量 保存 備考
ISOGEN II 1本 2~10°C
(遮光)
医薬用外劇物
外観:青色溶液
容器(プラスチックボトル)が保管袋に入っています。

輸送方法

本品は室温で送付しております。製品到着後、2~10°Cで保存していただくことにより、問題なくご使用いただけます。

▲このページのトップへ

使用例

プロトコール

・本品以外にRNaseフリー水、エタノール、イソプロパノール、必要に応じて p-bromoanisole を用意する。
・チューブは透明なポリプロピレン製を用いるとよい。使用前に、遠心分離の強度(12K x g)とISOGEN II (フェノール)に対する耐性があるか確認しておく。
・全ての操作は室温で行えるが、遠心は4~28°Cで行うことを勧める。

 

実験データ一覧

1. 抽出したRNAの電気泳動
2. miRNAの検出
3. RT-PCR
4. RNA抽出における共沈剤の効果(吸光度測定)
5. RNA収量の目安
6. ISOGEN II を用いた植物からのtotal RNA抽出
7. ISOGEN II を用いた植物からの高分子RNAおよびsmall RNAの単離<改変プロトコール>

Data 1: 抽出したRNAの電気泳動

▲実験データ一覧へ

 

Data 2: miRNAの検出

▲実験データ一覧へ

 

Data 3: RT-PCR

▲実験データ一覧へ

 

Data 4: RNA抽出における共沈剤の効果(吸光度測定) 

 

▲実験データ一覧へ

 

Data 5: RNA収量の目安

 
試料
高分子 RNA の単離 total RNAの単離
組織
肝臓
5~7 µg RNA/mg tissue
6~8 µg RNA/mg tissue
腎臓、脾臓
3~4 µg RNA/mg tissue
3~4 µg RNA/mg tissue
骨格筋、脳、肺
0.5~1.5 µg RNA/mg tissue
0.5~1.5 µg RNA/mg tissue
胎盤
1~3 µg RNA/mg tissue
1~3 µg RNA/mg tissue
培養細胞
上皮細胞
5~8 µg RNA/106 cells
5~10 µg RNA/106 cells
繊維芽細胞
3~5 µg RNA/106 cells
4~6 µg RNA/106 cells

▲実験データ一覧へ

 

Data 6: ISOGEN II を用いた植物からのtotal RNA抽出

植物からのtotal RNA抽出例 (PDF 222KB)

Data 7:  ISOGEN II を用いた植物からの高分子RNAおよびsmall RNAの単離 <改変プロトコール>

植物からの高分子RNAおよびsmall RNAの単離例 (PDF 218KB)

▲このページのトップへ

Q & A

全血などの、血液サンプルからRNAを抽出できますか。
DNAやタンパク質は抽出できますか。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

使用上の注意

備考

参考文献

  1. Chomczynski, P. : Reagents and methods for isolation of purified RNA, US and International Patents Pending.
  2. Chomczynski, P. and Sacchi, N.:”Single step method of RNA isolation by acid guanidinium thiocyanate-phenol- chloroform extraction”, Anal. Biochem., 162, 156-159(1987)
  3. Chomczynski, P.:”A reagent for the single-step simultaneous isolation of RNA, DNA and proteins from cell and tissue samples”, Biotechniques, 15, 532-537(1993)
  4. Wilfinger, W., Mackey, K. and Chomczynski, P.:”Effect of pH and ionic strength on the spectrophotometric assessment of nucleic acid purity”, Biotechniques, 22, 474-481(1997)

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ