ISOGENOME

DNA抽出用試薬
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ISOGENOME 318-08111 10 ml 6,000円  
ISOGENOME 314-08113 100 ml 18,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


ISOGENOME(10 ml)

ISOGENOME(アイソゲノム)は、組織や細胞からゲノムDNAを抽出するための試薬です。
本品は、グアニジンや界面活性剤を含む溶液であり、RNAを加水分解することによりDNAを選択的に回収することができます。また、簡単な操作でDNAを抽出できるため、スケールアップや多検体処理にも対応できます。さらにRNA抽出用試薬 ISOGEN II と組み合わせて使用することで、同一サンプルからRNAとDNAを抽出することができます。
試料にISOGENOMEを加えて溶解またはホモジナイズした後、エタノール沈殿、エタノール洗浄、溶解することで、短時間でゲノムDNAが抽出できます。

特長

・約30分間でゲノムDNAを抽出 ・新鮮な組織からのゲノム回収率70%以上・ISOGEN II との併用でRNAとDNAが抽出可能 ・フェノールを含まず、操作中にも使用しない ・得られたDNAは様々なアプリケーションにそのまま使用可能  サザンブロッティング、ドットブロットハイブリダイゼ―ション、クローニング、PCRなど

▲このページのトップへ

製品内容

ISOGENOME (10 ml、100 ml)
構成品 容量 保存 備考
ISOGENOME 1本 室温 外観:緑色溶液
容器:プラスチックボトル

 

備考

低温で長時間保存した場合、まれに塩が析出する場合がありますが、品質・性能に問題はありません。このような場合には容器ごと55~65°Cで30~60分間程、インキュベートと適時混合して析出物を完全に溶解させてからご使用下さい。

▲このページのトップへ

使用例

ご使用前に

・本品以外にエタノール(99.5%)、75%エタノール、8 mM NaOH、1M HEPES(pH調整用)を用意する。
・1.5 ml容量のチューブを使用する場合は、プロトコールを0.8倍にスケールダウンして行う。
・全ての操作は室温で行えるが、遠心は4~28°Cで行うことを勧める。
・高分子のゲノムDNAは切断されやすいので、混合の際に激しい振盪やボルテックスは避けて、できるだけ穏やかに且つ十分に行う。

プロトコールA:ゲノムDNA の単離

protocolA

プロトコールB: ISOGEN II と組み合わせたRNA、DNA の単離(簡易操作フロー)

protocolB

Data 1 DNA収量の目安

 
試料
µg DNA/mg tissue
肝臓
4.3 ± 0.7
腎臓
3.6 ± 0.2
脾臓
22.8 ± 4.1
心臓
2.0 ± 0.4
2.5 ± 0.4
骨格筋
0.8


一般的に、純度(A260/A280)は1.6~1.9、大きさは20~100 kbpのゲノムDNAを単離することができる。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ