Ethachinmate

アルコール沈殿用共沈剤(DNase,RNaseフリー)エタチンメイト
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Ethachinmate 318-01793 0.02 ml 3,200円  
Ethachinmate 312-01791 0.2 ml 16,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


Ethachinmate(0.2 ml)

Ethachinmate(エタ沈メイト)は核酸(DNA およびRNA)をエタノールまたはイソプロパノール沈殿させる際に使用する高分子キャリアーです。
本品を使用すると、希薄な核酸溶液から定量的に、微量な核酸を回収することができます。また、エタノールやイソプロパノールを加えた後の-20°C(あるいは-80°C)での冷却が不要なので、ただちに遠心することができます。回収した核酸は、バッファーなどに溶解し、そのまま各種酵素の基質として使用できます。
本品には、3 mol/l Sodium Acetate(pH 5.2)が添付されています。またDNase フリー、RNase フリーです。

特長

微量核酸の回収が可能

20ng/ml以上のDNA(>100塩基対)及びRNA(>120塩基)を定量的に回収できます。

迅速なアルコール沈殿が可能

-20°Cあるいは-80°Cのインキュベーションが不要なので、アルコール添加後直ちに遠心できます。

酵素反応を阻害しない

回収した核酸は、水やバッファーに容易に溶けます。しかも混在するEthachinmateは酵素反応を全く阻害しません。

沈殿を目で確認できる

Ethachinmate自身がアルコール沈殿によって沈殿を形成するので、微量な核酸の場合でも大切な試料を洗い流してしまう心配はありません。

DNase, RNase free試験済み

EthachinmateはDNase, RNase freeであることを確認しています。試験方法に関してはこちら

▲このページのトップへ

製品内容

保存方法

冷蔵保存(2~10°C)

Ethachinmate (0.02 ml)
構成品 容量 備考
Ethachinmate 0.02 ml x 1  
3 mol/l Sodium Acetate (pH 5.2)  0.1ml x 1  

 

Ethachinmate (0.2 ml)
構成品 容量 備考
Ethachinmate 0.2 ml x 1  
3 mol/l Sodium Acetate (pH 5.2)  1ml x 1  

▲このページのトップへ

使用例

プロトコール

DNA溶液 (100 μl)
↓←3.3 μl, 3M Sodium Acetate *1
↓←1-2 μl, Ethachinmate *2
↓ボルテックスで混合する *3
↓←2-2.5倍量 Ethanol(水溶液100 μlの場合、エタノールは250 μl)
↓ボルテックスで混合する *3
↓遠心(12,000×g, 5分間) *4
↓上清を取り除く *5
沈澱 *6
*7
↓←1 ml 70%Ethanol
↓チューブ壁面を洗うように軽く混ぜる
↓遠心(12,000×g, 2分間)
↓上清を取り除く
沈澱

*1 塩濃度は終濃度0.1M以上とする。DNA溶液がすでに高塩濃度の場合は加えなくてもよい。
*2 Ethachinmate はDNA溶液100 μlあたり1 μl加える。ただし、溶液量が300 μl以上の場合は3 μlあれば十分である。Ethachinmateは一度添加したらその後追加する必要はない。Ethachinmate を繰り返し加えるとDNA溶液が粘稠(ねんちゅう)になり、以後の操作に支障をきたす場合もある。
*3 ボルクテッスを行うことにより、微量DNAでも定量的に回収できる。
*4 必ずしも冷却の必要はない。
*5 沈澱は目で確認できる。沈澱を見失わないようにする。
*6 ここで得られた沈殿は、別の緩衝液に溶解し、そのまま各種酵素の基質として使用できる。
*7 必要に応じて70%エタノールで洗浄する。

実験データ


1. 微量核酸の回収

2. 酵素反応に及ぼす影響

3. Transformation, in vitro packaginigに及ぼす影響

4. モノヌクレオチドの挙動
5. Poly(A)+ RNAの回収(エタノール沈殿の際のEthachinmateの効果)
6. Real-time PCR におけるEthachinmate の影響について

▲このページのトップへ

Q & A

DNase, RNaseのコンタミはありますか?
RNAの回収に使用できますか?
効率良く回収できる核酸の濃度と長さは?
260 nmの吸光度測定による定量に影響しますか?
影響しません。
実験例2:吸光度 リーフレット 2ページ目 (PDF)
プロトコルでは、DNA溶液100 µlに対してEthachinmateを1 µl加えることになっていますが、DNA溶液が100 µlより少ない場合はどうすれば良いですか?
Ethachinmateは1 µl加えて下さい。DNA沈殿を可視化するためには1 µl以上のEthachinmateが必要です。なお、添付の3M Sodium Acetateは比例換算して適量を加えて下さい。
例 : DNA溶液50 µlの場合、3M Sodium Acetate 1.7 µl, Ethachinmate 1 µl
DNA溶液が300 µl以上の場合の添加量は?
DNA溶液が300 µl以上の場合、EthachinmateはDNA溶液の量に関係なく3 µl加えて下さい。Ethachinmateを過剰に加える必要はありません。なお、添付の3M Sodium Acetateは比例換算して適量を加えて下さい。
例 : DNA溶液600 µlの場合、3M Sodium Acetate 19.8 µl, Ethachinmate 3 µl
DNA溶液を2回以上エタノール沈澱する場合には、2回目以降にもEthachinmateをその都度加えた方が良いですか?
Ethachinmateは一度添加したらその後追加する必要はありません。Ethachinmateを繰り返し加えるとDNA溶液が粘稠になり、以後の操作に支障を来す場合があります。
凍結させた場合、Ethachinmateの効果に影響はありますか?
ありません。
オートクレーブ処理した場合、Ethachinmateの効果に影響はありますか?
ありません。
Ethachinmateを含むDNA溶液をフェノール/クロロホルム処理した場合、Ethachinmateの効果に影響はありますか?
ありません。
電気泳動パターンに対する影響はありますか?
ありません。ただし、電気泳動条件によっては、数十kbp以上のDNAのバンドがブロードになることがあります。
制限酵素反応に対する影響はありますか?
ありません。
2. 酵素反応に及ぼす影響
T4 DNA Ligaseの反応に対する影響はありますか?
ありません。
2. 酵素反応に及ぼす影響
AMV Reverse TranscriptaseのcDNA合成反応に対する影響はありますか?
ありません。ただし、Etachinmateはアクリルアミド系のポリマー溶液で、アミノ基が含まれております。後の実験にアミノ基を利用した反応を行う場合には、Ethachinmateが影響することがありますのでご注意ください。
2. 酵素反応に及ぼす影響
Taq DNA PolymeraseによるPCRに対する影響はありますか?
ありません。
2. 酵素反応に及ぼす影響
Klenow Fragmentの反応に対する影響はありますか?
ありません。
大腸菌の形質転換に対する影響はありますか?
ありません。エレクトロポレーションにおいても影響しません。 ただし、大腸菌に導入するligation product溶液中に、Ethachinmate、PEG6000、ポリアミンが混在する場合、形質転換効率が低下することがありますのでご注意ください。
3. Transformation, in vitro packaginigに及ぼす影響
in vitroパッケージングに対する影響はありますか?
λファージのin vitroパッケージング効率は若干低下します。詳しくは下記の実験データをご参考ください。
3. Transformation, in vitro packaginigに及ぼす影響
Ethachinmateを加えてエタノール沈澱するとモノヌクレオチドは沈殿しますか?
8 merおよび17 merのオリゴヌクレオチドを用いた実験では、Ethachinmate添加の有無に関わらず、回収率に変化はありません。
4. モノヌクレオチドの挙動
ホルムアミドを含むハイブリダイゼーション溶液中で変性しますか?
変性しません。
ブロッティングに影響はありますか?
ありません。
シークエンス反応に影響はありますか?
ABI Prism® 377を用いたサイクルシークエンス反応には影響しません。ダイデオキシ法によるシークエンス反応にも影響はありません。
Ethachinmateを添加すると沈殿がチューブからはがれやすくなってしまうことはありますか?
チューブの材質によります。例えば、エッペンドルフ社製のSafe-Lockチューブははがれやすい傾向があります。
簡易・迅速ライゲーションキット「Ligation-Convenience Kit」と併用する場合の注意事項はありますか?
Ethachinmateで調製したベクターやインサートを使用しても、ライゲーション反応、形質転換への悪影響はありません。しかし、ライゲーション反応後、すぐにEthachinmateを添加してエタノール沈殿を行うと、形質転換効率が低下しますのでご注意下さい。実験データおよび対策は下記をご覧ください。
EthachinmateとLigation-Convenience Kitを併用した場合の形質転換への影響

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

DNase, RNase free試験について

  DNase 試験 1 µg のλ /Hind III にEthachinmate 3 µl を加え、37°Cで16 時間インキュベートした後、アガロースゲル電気泳動し、そのパターンに変化のないことを確認している。
  RNase 試験 基質RNA 2 µg にEthachinmate 3 µl を加え、37°Cで16 時間インキュベートした後、アガロースゲル電気泳動し、そのパターンに変化のないことを確認している。

 

使用上の注意

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ