Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol(25:24:1)

フェノール/クロロホルム/イソアミルアルコール (25:24:1)
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25 : 24 : 1) 311-90151 250 ml 19,000円 医薬用外劇物

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


PCI (250 ml)

本品は、TE 飽和フェノール、クロロホルム、イソアミルアルコールを25:24:1 で混合した溶液です。生体組織からの核酸抽出や、核酸の酵素反応後のタンパク質除去などに用いられます。イソアミルアルコールには、使用時に発生する泡を少なくする効果があります。
本品に使用されているTE飽和フェノール(フェノール 66%)は、フェノールをあらかじめTEで飽和させたもので、8-ヒドロキシキノリンが含まれています。

用途

使用上の注意

  1. フェノールのpH は、7~8 がよいとされています。これより低いと、抽出中にDNA がフェノール相へ移り収量低下の原因となり、逆に高いとフェノールの酸化速度を早めます。
  2. DNA 抽出の際の塩濃度は普通、重要なファクターではありませんが、オリゴマーのような低分子DNAの場合は50 mmol/l 以上のNaCl またはKCl を添加することにより収量低下を防ぐことができます。
  3. 8-ヒドロキシキノリン(8-キノリノール)には次のような利点があります。
    ① 抗酸化剤として作用します。
    ② フェノール相が黄色になるので透明な水相と容易に区別できます。
    ③ RNase の部分インヒビターとして作用します。
    ④ Vanadyl-ribonucleotide complex (VRC) をRNase インヒビターとして使用する場合、色の変化(黄→黒)によりVRC の存在を検定できます。
  4. フェノールは劇物なので、使用の際には次のような注意が必要です。
    ① 手袋や眼鏡などの保護具を着用して下さい。
    ② 皮膚や目にフェノールが触れた場合はただちに大量の流水で洗った後医師の診察を受けて下さい。
    ③ 操作はフード内で行って下さい。
保存方法 2-10℃遮光保存(室温輸送)
組成 50(37)% TE飽和フェノール*1, 48% クロロホルム, 2% イソアミルアルコール
pH Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol  7.5~8.5
備考 本品は二層になっており、上層は酸化防止のためのTE層です。
下層がフェノール/クロロホルム/イソアミルアルコールですので、こちらを使用します。

*1 本品のフェノール含有量は37%です。

▲このページのトップへ

製品内容

Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25:24:1) (250 ml)
構成品 容量 保存 備考
Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25:24:1) 250 ml x 1 2~10°C (遮光) 容器: 褐色ガラス瓶

▲このページのトップへ

使用例

Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25:24:1) の性状

フェノール処理の例

核酸水溶液(200 µl)
↓← Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25:24:1), 等量(200 µl) 添加
↓ 混和
↓ 遠心分離 (11000 x g, 室温, 5分~15分)
↓上に核酸を含む透明な水層、下に黄色のフェノール層、白いタンパク質を含む中間層に分かれる
水層を新しいチューブに移す (中間層を取らないように注意する)

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ