Ribonuclease(DNase free)Glycerol Solution

RNase A (10 mg/ml) グリセロール溶液
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Ribonuclease(DNase free)Glycerol Solution 312-01931 1 ml 9,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

Ribonuclease A は、一本鎖RNA を分解し、3´りん酸基を含むモノヌクレオチドあるいはオリゴヌクレオチドを生じる反応を触媒する酵素です。本品は、Ribonuclease A のグリセロール溶液で、DNase 活性は下記の純度検定において認められません。グリセロールを含んでいるため、-20°C保存で凍結せず、使用時に融解する必要がなく便利です。→グリセロールを含んでいない製品も用意しております:「 Ribonuclease(DNase free)Solution

起源 Bovine Pancreas
濃度 10 mg/ml
形状 100 mmol/l Tris-HCl (pH 7.5), 9 mmol/l Sodium acetate, 50%(v/v)Glycerol
純度 本酵素0.3 µg と1 µg のλDNA、およびpBR322 DNA を、30 µlの反応液中で37°Cで5 時間反応させてもアガロースゲル電気泳動のパターンに変化は認められない。
使用上の注意 使用時の濃度は、10~20 µg/ml が適当です。あまり高い濃度にするとプラスミドDNA などはニックが入ることがあります。

▲このページのトップへ

製品内容

Ribonuclease(DNase free)Glycerol Solution
構成品 容量 保存 備考
Ribonuclease(DNase free)Glycerol Solution 1 ml -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

<抽出後のDNA溶液中にRNAが混入していた場合の使用例>

  1. 本品(10 mg/ml) 1 µlに水を 9 µl加えて10倍希釈する。 *1
  2. DNA溶液 100 µlに希釈済みRNase A溶液(1 mg/ml)を 1 µl加えて、37℃にて10~30分間反応させる。 *2
  3. 必要があれば反応終了後、フェノール/クロロホルム処理を行う。

*1 希釈して低濃度になった酵素溶液は、1日以内にご使用ください。
*2 使用時の濃度は、10~20 µg/ml が適当です。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ