ISOSPIN Plant RNA

植物組織からのRNA抽出キット
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ISOSPIN Plant RNA 310-08171 50回用 32,500円  
Assist Buffer for ISOSPIN Plant RNA 315-08501 50回用 9,000円 専用オプション製品

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

ISOSPIN Plant RNA

ISOSPIN Plant RNA(アイソスピン プラント RNA)は、植物組織からRNA を抽出・精製するためのキットです。本キットは、カオトロピックイオン存在下でRNA がシリカへ吸着する原理を応用しており、フェノールやクロロホルムを使用しません。使用するスピンカラムは、カラム容積を最大限確保しており、内封されたシリカゲル膜は、充分なRNA 吸着容量と高い溶出効率を確保しています。

本キットでは、夾雑物を遠心分離により除去する方法とシリカゲル膜上でのDNase I 処理を採用しており、約1 時間で高純度のRNA を抽出・精製できます。

Assist Buffer for ISOSPIN Plant RNA

本品は、植物組織からのRNA抽出キット「ISOSPIN Plant RNA」専用のオプションバッファー(補助試薬)です。キットのみでは抽出困難な植物試料からでもISOSPIN Plant RNA のPT-Extraction Buffer に本品を加えるだけで、高収量、高純度なRNAを抽出することができるようになります。

特長

高純度RNA

遠心分離による夾雑物の除去とシリカメンブレン上でのDNase I 処理により高純度なRNA抽出が可能です。

フィルターによる前処理が不要

試料のホモジナイズやろ過を目的としたフィルター処理を必要としません。本キットは遠心分離により夾雑物を沈殿して除去します。

フェノール、クロロホルムが不要

フェノールやクロロホルムなどの毒性有機溶媒は使用しません。

DNase I 添付

DNase I (RNase free)がキットに含まれているため、別途購入の必要はありません。

抽出困難な植物試料(松葉やバラ)にはAssist Buffer添加

いままで困難だったマツ(葉)、バラ(葉、花弁)、ツバキ(葉)、ブドウ(果肉、外皮)などからも効率よくRNA抽出可能です。

▲このページのトップへ

製品内容

ISOSPIN Plant RNA (50回用)
構成品 容量 保存 備考
PT Extraction Buffer (植物用) 30 ml x 1本 室温  
PT Binding Buffer (植物用) 40 ml x 1本 室温 エタノール含有
PT Wash1 Buffer 40 ml x 1本 室温 エタノール含有(洗浄液)
PT Wash2 Buffer 40 ml x 1本 室温 エタノール含有(洗浄液)
DNase I (RNase free) 2,000 units x 1本 -20°C  
10 x DNase I Buffer 1 ml x 1本 -20°C  
ddWater (RNase free) 1 ml x 8本 室温 DNase I 溶液調製用・溶出用
Spin Column 50 本 x 1袋 室温 上部パーツ:カラム、下部パーツ:Collection Tube

ISOSPIN Plant RNA の輸送方法

ニッポンジーンから直送する場合、室温品を入れたキット箱と-20°C品とドライアイスを入れたスチロールボックスを一つの段ボール箱にまとめて入れて常温で輸送しています。

Assist Buffer for ISOSPIN Plant RNA (50 回用)
構成品 容量 保存 備考
Assist Buffer 1 3 ml x 1 室温  
Assist Buffer 2 2 ml x 1 室温 Assist Buffer 2 中に白色固形物が生じる場合がありますが、品質、性能に問題はありません。このような場合には、容器ごと37°C程度でインキュベートし、白色固形物を完全に溶解させてからご使用ください。

Assist Buffer for ISOSPIN Plant RNA の使用上の注意

別途、ISOSPIN Plant RNA が必要です。抽出液は用事調製してください。また Assist Buffer 1 と Assist Buffer 2 を混合した状態で保存できません。

▲このページのトップへ

使用例

protocol

Data.1 RNA収量の目安

本品で得られるRNAの収量の目安は次の通りである。

試料
ホウレンソウ(葉)
0.5 μg RNA/mg tissue
ブロッコリー(芽生え)
1.0 μg RNA/mg tissue
キャベツ(種子)
1.3 μg RNA/mg tissue
キャベツ(芽生え)
1.4 μg RNA/mg tissue
キャベツ(葉)
0.1 μg RNA/mg tissue
タケ(葉)
0.3 μg RNA/mg tissue
チューリップ(球根)
0.2 μg RNA/mg tissue

 

Data.2 キャベツ(アブラナ科)種子および葉からのRNA抽出

ISOSPIN Plant RNAと他社製品を用いて、プロトコールに従ってキャベツの種子(約4 mg)および葉(約30 mg)からRNAを抽出した。抽出したRNAは、吸光スペクトル測定およびゲル電気泳動により比較した。さらに、抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写を行い、得られたcDNAをGeneAce SYBRR qPCR Mix α Low ROXを用いてリアルタイムqPCRを行った。

実験条件

  1. サンプル量
    ・種子(約4 mg)
    ・葉(約30 mg)
  2. 変性ゲル電気泳動
    ・ゲル :1% Agarose S(ホルムアルデヒド変性)
    ・RNA添加量 :種子(1μg)/葉(0.5μg)
    ・RNA Ladder :RNA添加量と同量
  3. リアルタイムqPCR
    ・試薬 :GeneAce SYBRR qPCR Mix α Low ROX
    ・装置 :ABI 7500 Fast
    ・鋳型cDNA :抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写
    ・増幅鎖長 :441 bp
    ・テスト数 : n=3

結果

吸光度スペクトル測定結果より、ISOSPIN Plant RNAはA社より低いA230の値を示し、多糖類などの夾雑物が効率良く除去できていることが分かった(図1)。

キャベツ種子
キャベツ葉
 
data1_tane
data1_ha

図1 吸光スペクトル測定
 
 
data2_tane
data2_ha
【RNA添加量】
種子(1μg)/葉(0.5μg)
【Marker】
RNA Ladder(RNA添加量と同量)
1% Agarose S(ホルムアルデヒド変性)
図2 変性ゲル電気泳動
 
     
キャベツ種子
キャベツ葉
 
data3_tane data3_ha 【試薬】
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
【鋳型】
抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写
【装置】ABI 7500 Fast
【増幅鎖長】441 bp
【テスト数】n=3

赤色: ISOSPIN Plant RNA
緑色: A社製品
図3 リアルタイムqPCR
 

 

Data.3 タケ(イネ科)カルスからのRNA抽出


タケカルス
(ハチク培養細胞Pn(rpc00047)株から形成)

ISOSPIN Plant RNAと他社製品を用いて、プロトコールに従って各量のタケカルスからRNAを抽出した。抽出したRNAは、吸光スペクトル測定およびゲル電気泳動により比較した。さらに、抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写を行い、得られたcDNAをGeneAce SYBRR qPCR Mix α Low ROXを用いてリアルタイムqPCRを行った。

※本実験で使用した竹のカルスは、富山県立大学 荻田信二郎博士(現、公立大学法人県立広島大学)よりご提供頂きました。尚、使用したタケカルスは理化学研究所バイオソースセンターへ委託されたハチク培養細胞Pn(rpc00047)株から形成されたものです。

実験条件

  1. サンプル量
    ①約65 mg
    ②約50 mg
    ③約40 mg
  2. アガロースゲル電気泳動
    ・ゲル :0.8% Agarose S/TAE
    ・RNA添加量 :最終溶出量の1/10(5 μl)
    ・Marker :OneSTEP Marker6(5 μl)
  3. リアルタイムqPCR
    ・試薬 :GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
    ・装置 :ABI 7500 Fast
    ・鋳型cDNA :抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写
    ・増幅鎖長 :197 bp
    ・テスト数 : n=3

結果

吸光度スペクトル測定結果では、ISOSPIN Plant RNAはA社より低いA230の値を示すことから、多糖類などの夾雑物が効率良く除去できていることが分かった(図1)。また、アガロースゲル電気泳動で比較した結果からも、ISOSPIN Plant RNAは効率よくRNAを抽出できていることが確認できた(図2)。

data1_bamboo
data2_bamboo
【ゲル】0.8% Agarose S/TAE
【RNA添加量】最終溶出量の1/10(5 μl)
【Marker】OneSTEP Marker6(5 μl)
図1 吸光スペクトル測定
図2 アガロースゲル電気泳動
data3_bamboo
【試薬】GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
【装置】ABI 7500 Fast
【鋳型cDNA】抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写
【増幅鎖長】197 bp
【テスト数】n=3
図3 リアルタイムqPCR
   

 

Data.4 チューリップ(ユリ科)球根からのRNA抽出

image_B
抽出液の粘性の様子
左:ISOSPIN Plant RNA
右:B社製品

ISOSPIN Plant RNAとB社製品を用いて、プロトコールに従ってチューリップ球根(100 mg)からRNAを抽出した。抽出したRNAは、吸光スペクトル測定およびゲル電気泳動により比較した。さらに、抽出したTotal RNAを鋳型に逆転写を行い、得られたcDNAをGeneAce SYBRR qPCR Mix α Low ROXを用いてリアルタイムqPCRを行った。

チューリップ球根サンプルは粘性が高く、抽出が難しいとされている。右写真は、チューリップの球根を液体窒素ですり潰して粉末状にした後、1.5 mlチューブに量り取り、各社の抽出Buffer中でペッスルにてすり潰した後の様子である。チューブを逆さにして溶液の粘性を比較した。

実験条件

  1. サンプル量
    100 mg
  2. アガロースゲル電気泳動
    ・RNA添加量 :最終溶出量の1/10(5 μl)

結果

ISOSPIN Plant RNAは粘性の高いチューリップ球根からもRNAを抽出できた。

data1_hana
data2_hana
最終溶出量の1/10(5 μl)
図1 吸光スペクトル測定
図2 アガロースゲル電気泳動

 

Data.5 Assist Buffer for ISOSPIN Plant RNA の効果

ISOSPIN Plant RNA 製品マニュアルをご覧ください。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
和光純薬工業株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ