Deoxyribonuclease (RT Grade)

DNase(RT Grade)
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Deoxyribonuclease (RT Grade) 313-03161 1,000 units 11,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

Deoxyribonuclease I は、一本鎖DNA および二本鎖DNA を分解し、5´りん酸基を含むモノヌクレオチドあるいはオリゴヌクレオチドを生じる反応を触媒する酵素です。本品は、Deoxyribonuclease l のグリセロール溶液であり、下記の純度検定においてRNase 活性が検出されないことを確認しているので、RT-PCR 用精製RNA の作製に使用することができます。
本品には、10 x DNase(RT Grade)Buffer, 2 mg/ml BSA Solution(RT Grade)が添付されています。

用途

起源 Bovine Pancreas
活性 1 unit/µl
単位の定義 1 unit は、反応混合液50 µl 中1 µg のDNA を37°Cで10 分間で完全に分解することをアガロースゲル電気泳動で確認することができる酵素活性とする。
形状 10 mmol/l HEPES(pH 7.5), 10 mmol/l CaCl2,10 mmol/l MgCl2, 0.2 mg/ml BSA, 50%(v/v)Glycerol
酵素反応条件 40 mmol/l Tris-HCl(pH 7.9), 10 mmol/l NaCl, 10 mmol/l CaCl2, 6 mmol/l MgCl2, 2 mmol/l DTT,0.2 mg/ml BSA, 37°C
添付の酵素反応専用バッファー(5 ml x 1 本)とBSA 溶液(5 ml x 1 本)は酵素反応条件の10 倍濃度である。
例えば反応容量が50 µl の場合には酵素反応専用バッファーとBSA 溶液をそれぞれ5 µl 加える。
純度 本酵素5 units と1 µg の基質RNA を100 µl の反応混合液中で37°Cで1 時間反応させても変性アガロースゲル電気泳動のパターンに変化は認められない。

▲このページのトップへ

製品内容

Deoxyribonuclease (RT Grade) (1,000 units
構成品 容量 保存 備考
Deoxyribonuclease (RT Grade) 1,000 units -20°C  
10 x DNase Buffer (RT Grade) 5 ml -20°C  
2 mg/ml BSA Solution (RT Grade) 5 ml -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

反応液組成
total RNA
~20 µg
10 x DNase (RT Grade) Buffer
10 µl
2 mg/ml BSA Solution
10 µl
RNase Inhibitor
(必要に応じて)
Deoxyribonuclease (RT Grade)
2 µl
d.d.H2O
up to 100 µl

反応時間
37°C 15分間

PCI処理およびエタノール沈殿による回収
DNaseの失活と除去(フェノール/クロロホルム処理とエタノール沈殿による回収)
↓←Phenol/Chloroform/Isoamyl alcohol (25:24:1), 等量(100 µl)添加
↓転倒混和
↓遠心分離(11Kxg, 室温, 15分)
水相(上層)を新しいチューブに移す
↓←3M Sodium Acetate (pH 5.2), 0.1倍量(10 µl)添加
↓←エタノール, 2~2.5倍量(400 µl)添加
↓放置(室温で10分間、または-20°Cで30分間)
↓遠心分離(11Kxg, 4°C, 15分)
沈殿(上清を取り除く)
↓70% エタノール洗浄(1 ml程添加した後、遠心分離)
沈殿(上清を取り除く)
↓風乾 ( 乾燥しすぎるとRNAが溶けにくくなることがある)
↓←d.d. H2O(RNaseフリー)またはTE(pH 8.0)を添加
Total RNA溶液

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ