RNase Inhibitor

RNase Inhibitor
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
RNase Inhibitor 315-08121 2,000 units 16,400円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、ラット肺由来の RNase Inhibitor を大腸菌で発現させたもので、RNase A、RNase B、RNase T2 のRNase 活性を阻害します。RNase による RNA の分解が問題となる様々なアプリケーションにおいて、酵素反応液中に本品を加えることで RNA を保護することができます。本品は RNase を阻害しますが、一般的に使用される酵素反応は阻害しません。

起源 遺伝子組換え大腸菌
濃度 40 units/µl
形状 20 mM HEPES-KOH , 50 mM KCl , 8 mM Dithiothreitol , 50%(v/v) Glycerol , pH7.6 at 4°C
活性定義 1 unit は、5 ng の RNase A 活性の 50% を阻害するために必要な活性とする。活性は、cyclic 2, 3´-CMP の加水分解の阻害能として測定される。
純度 本品は、エンドヌクレアーゼ活性、ニッキング活性、リボヌクレアーゼ活性のコンタミネーションの有無について、検証されている。

▲このページのトップへ

製品内容

RNase Inhibitor
構成品 容量 保存 備考
RNase Inhibitor 2,000 units -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

本品は、下記条件で活性を示します。

活性条件

*1 60°Cでも部分的な活性は有しますが、65°C以上の加熱で不活化します。

アプリケーション例(添加量 / 20 µl反応系)
例1:  1 Step RT- PCR
5 - 10 units /20 µl
例2:  2 Step RT- PCR
25 - 50 units /20 µl
例3:   in vitro transcription
20 units /20 µl

RT-PCRにおいて、反応液中にRNaseの混入が疑われる場合は、より高濃度で使用することもできます。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ