TA-Enhancer Cloning Kit

高効率TAクローニングキット
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
TA-Enhancer Cloning Kit 316-08271 25回分 23,000円
TA-Enhancer Cloning Kit 312-08273 5回分 9,000円

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

PprAは直鎖状二本鎖DNAの末端に結合します
PprAタンパク質は、放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans
R1由来のDNA修復促進活性を有するDNA結合タンパク質です。
PprAは、直鎖状二本鎖DNAの末端に結合します。
(資料提供:東洋大学 放射線微生物学研究室 鳴海先生)

Taq DNA ポリメラーゼ等のターミナルトランスフェラーゼ(TdT)活性を有するPCR酵素を用いて合成されるPCR産物の多くは、3'末端にデオキシアデノシン(dA)が一塩基付加された形になっているため、Tベクターの3'末端に突出しているチミジン(dT)と相補的に対合し、簡便にPCR産物のクローニングを行うことができます。この方法はTAクローニングとして知られています。
「TA-Enhancer Cloning Kit」は、Tベクターとライゲーション用試薬を組み合わせたTAクローニング用キットです。ライゲーション用試薬は、ニッポンジーン独自のバッファー組成と10 x Enhancer Solutionに含まれるPprAタンパク質によって、これまで効率が低いとされてきたTAクローニングを高効率に行うことができます。

特長

高効率:10 x Enhancer Solutionによってライゲーション促進! 迅速:30分間でライゲーション反応が完了 簡単:反応終了液をそのまま形質転換に使用可能

 

用途

* 本品にdA付加反応試薬やコンピテントセルは含まれておりません。こちらより別途ご用意ください。

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

包装単位は20 µl反応系での使用回数です。
*1 5 x Ligation Mix と10 x Enhancer Solution はTA-Blunt Ligation Kitとして別途購入可能です。

保存方法

-20°C
*2 ライゲーション用試薬 は-20°C保存では凍結しませんので、凍結融解による安定性低下の心配がなく、面倒な融解操作の必要もありません。

TA-Enhancer Cloning Kit (25回分、5回分)
構成品 (25回分) (5回分) 保存 備考
pANT Vector (25 ng/µl) 45 µl x 1 10 µl x 1 -20°C  
5 x Ligation Mix 100 µl x 1 20 µl x 1 -20°C *1、*2
10 x Enhancer Solution 50 µl x 1 10 µl x 1 -20°C *1、*2
Control Insert DNA (10 ng/µl) 10 µl x 1 3 µl x 1 -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

pANT Vector の構造模式図

pANT Vector のマルチクローニングサイト

mcsmcs seq

実験例1 各鎖長のライゲーション効率

各製品のプロトコールに従ってクローニングを行った。Taq DNA Polymeraseで増幅した200 bp、500 bp、1 kbp、3 kbp、5 kbpのPCR産物を用いて、16°C、30分間(A社:室温、60分間)のライゲーション反応を行った。反応後、ECOS Competent E. coli JM109へ形質転換(6分間プロトコール)し、本品とA社製品のライゲーション効率を比較した。さらに、インサート長3 kbpのプラスミドを保持する大腸菌コロニーからランダムに選択し、コロニーPCRでインサートの確認も行った。

反応液組成
pANT Vector (25 ng/µl) 1.8 μl (final conc. 45 ng/20 μl)
5 x Ligation Mix  4 μl (final conc. 1X)
10 x Enhancer Solution 2 μl (final conc. 1X)
PCR産物 X μl  
d.d.H2O up to 20 μl  

添加する10 x Enhancer Solution の量は正確にはかりとって下さい。推奨量より多く添加したり、少なく添加したりするとライゲーション効率が著しく低下する場合があります。

Transformation (Ligation Mix 5 μl / ECOS Competent E. coli JM109 100 μl) → Plating 50 μl

結果

本品はA社製品と比較してコロニー数および白コロニー率において優位性が認められた。また、本製品で生じた白コロニーを用いてコロニーPCRインサートチェックを行った結果、3kb長目的断片がベクター内に挿入されていた。

data

▲このページのトップへ

Q & A

推奨のベクターとインサートのモル比はありますか。
ライゲーション産物を保存する場合はどうしたら良いですか?
サンプル数が多いのですが、あらかじめ10 x Enhancer Solutionと5 x Ligation Mixを混ぜたプレミックスを作製してから使用することはできますか?
ライゲーション反応を反応温度4°Cにおいて、オーバーナイトで行うことはできますか?
ライゲーション反応を室温(25°C)で行うことはできますか?
ライゲーション産物をそのままエタノール沈殿してもよいですか?
5 x Ligation Mixと10 x Enhancer Solution が-20°Cで凍結していません。
5 x Ligation Mixと10 x Enhancer Solutionは混和してから使用した方が良いですか?
反応スケールを下げることはできますか?
反応終了液をそのまま大腸菌の形質転換に使用することができますか?
α型高正確性PCR酵素を用いた増幅産物でTAクローニングを行いたい。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

pANT Vector 塩基配列情報

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ