TA-Blunt Ligation Kit

TAライゲーション、平滑末端ライゲーション専用
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
TA-Blunt Ligation Kit 315-06541 5 回用 3,200円  
TA-Blunt Ligation Kit 311-06543 50 回用 22,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


DNA修復促進活性を有するPprAタンパク質

TA-Blunt Ligation Kit は、T ベクターへのPCR 産物のライゲーション(TA ライゲーション)、平滑末端DNA ライゲーション専用のライゲーションキットです。本キットを使用することで、30 分間(16°Cまたは室温)でDNA ライゲーションを行うことができ、従来のライゲーションキットと比較して、TA ライゲーション、平滑末端DNA のライゲーションを高効率に行うことができます。また、本キットは、-20°Cで凍結しないため冷凍庫から取り出してすぐに使用でき、反応が終了したDNA 溶液はそのまま形質転換に使用することができます。

特長

高効率:10x Enhancer Solutionによってライゲーション促進! 迅速:30分間(16°Cまたは室温)でライゲーション反応が完了 -20°Cで凍結しないためすぐに使用できる 反応終了液はそのまま形質転換に使用可能

 

用途

・一般的にライゲーション効率が悪いとされるTAライゲーションや平滑末端ライゲーションを高効率に行うことができます。

* 本品にTベクターは含まれておりません。→TAクローニング用試薬「TA-Enhancer Cloning Kit
* 本品にコンピテントセルは含まれておりません。→「ECOSTM Competent E. coli シリーズ
*平滑末端のPCR産物をTAクローニングするためには、3’末端にdAを付加する必要があります。→「dA-overhang reaction Mix

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

包装単位は20 µl反応系での使用回数です。
本品は、ライゲーション用試薬です。本品にベクターDNAは含まれておりません。

TA-Blunt Ligation Kit(5回用)
構成品 容量 保存 備考
5 x Ligation Mix 20 µl x 1 本 -20°C  
10 x Enhancer Solution 10 µl x 1 本 -20°C  
TA-Blunt Ligation Kit(50回用)
構成品 容量 保存 備考
5 x Ligation Mix 100 µl x 2 本 -20°C  
10 x Enhancer Solution 50 µl x 2 本 -20°C  

備考

▲このページのトップへ

使用例

使用方法

  1. 適切なモル比のベクターDNA とインサートDNA を混合し、ddH2O で14 µl にメスアップする。
    TA-Blunt Ligation Kit 参考資料「2. ベクター:インサートモル比の検討」(PDF 177KB)
  2. DNA 溶液に2 µl の10 x Enhancer Solution と4 µl の5 x Ligation Mix を添加し混和する。
  3. 16°Cまたは室温で30 分間反応させる。
  4. 反応液をそのまま形質転換に用いる。

実験例1 TベクターへのPCR産物のライゲーション(TAクローニング)での性能比較

TベクターへのPCR産物のライゲーション(TAクローニング)において、白コロニー率(ライゲーション効率)およびコロニー数(ライゲーション効率、形質転換効率)を様々なライゲーションキットと比較した。

方法

1. ベクター:pGEM-T Easy(Promega社)を使用した。

2. インサートDNA:PCR産物(500 bp)を使用した。

3. 反応条件:16°Cで30分間反応させた(TA-Blunt Ligation Kit)。

4. 他のライゲーションキット:各製品のマニュアルに従って反応を行った。
data1

結果

本品では他のライゲーションキットと比較して優位なコロニー数の増加、白コロニー率の上昇が認められた。

実験例2 平滑末端ライゲーションでの性能比較

一般的にライゲーション効率が悪いとされる平滑末端ライゲーション反応において、白コロニー率(ライゲーション効率)、コロニー数(ライゲーション効率および形質転換効率)を様々なライゲーションキットと比較した。

方法

1. ベクターDNA:pBluescript II SK(+)/EcoRV(Stratagene社)を使用した。

2. インサートDNA:EcoRV断片(平滑末端、3 kbp)を使用した。

3. 反応条件:16°Cで30分間反応させた(TA-Blunt Ligation Kit)。

4. 他のライゲーションキット:各製品のマニュアルに従って反応を行った
data1

結果

本品では他のライゲーションキットと比較して優位なコロニー数の増加、白コロニー率の上昇が認められた。

▲このページのトップへ

Q & A

1. 5 x Ligation Mix と10 x Enhancer solution が-20°Cで凍結していないのですが、問題ないですか?
問題ありません。5 x Ligation Mix と10 x Enhancer solution は-20°Cでは凍結しません。
<注意> -80°Cでは凍結しますが、凍結させた状態で保存するとライゲーション効率が著しく悪くなる恐れがありますので避けて下さい。
2. 5xLigation Mixと10xEnhancer solutionは混和してから使用した方が良いですか?
使用前に混ぜる必要はありません。冷凍庫から出してすぐにご使用できます。
<注意> ピペッティング等で混和してもライゲーション効率に悪影響はでません。但し、激しいピペッティング、ボルテックスは避けてください。
3. 反応時間は本当に30分間で良いのですか?
はい。30分間で十分なライゲーション効率が得られます。
4. ライゲーションに使用するDNAは、どの溶液で調製すればよいですか?
ddH2OやTE buffer(pH8.0) で調製して下さい 。
<注意> 高塩濃度のバッファーやEDTA等のキレート剤濃度が高いバッファーでDNA溶液を調整すると、ライゲーション効率が著しく低下する場合がありますので避けて下さい。
5. 反応時間を16時間やオーバーナイトにして使用することはできますか?
はい、できます。 しかし、16時間やオーバーナイトで反応を行っても大幅な改善は見られませんので、30分間の反応時間で十分です。
6. 反応温度4°Cにおいて、16時間やオーバーナイトにて使用することはできますか?
はい、できます。
7. 反応スケールを下げることはできますか?
はい、できます。ただし、その場合は使用するDNA量も少なくして反応系全体をスケールダウンして下さい。そうすることで高効率を保持したままでのスケールダウンが可能となり、以降の実験に都合の良いスケールでご使用いただくことができます。
<注意> DNA量を減らさずに5 x Ligation Mix と10 x Enhancer solution の使用量のみを減らした場合は、 ライゲーション反応が至適条件ではなくなり、反応効率が大きく低下する恐れがあります。また、本製品はベクターDNA量と10x Enhancer solutionの量比が非常に重要です。10 µl スケール以下での使用は、ピペット操作による誤差も大きくなりライゲーション効率の良い条件を維持することが難しくなりますのでお奨めしません。
8. ライゲーションに使用するベクター量はどのくらいを目安にしたらよいですか?
20 µlの反応系には約0.025 pmolのベクターDNAを使用して下さい。3 kbpのベクターDNAの場合は約50 ngとなります。
<注意> 本製品は、反応に用いるベクターDNA量と10x Enhancer solutionの量比が非常に重要になりますので、ベクター量が推奨モル数より少なすぎたり、多すぎる場合にはライゲーション効率が著しく低下する恐れがあります。ベクター量は厳密にお守り下さい。インサートDNA量はインサートサイズによって至適モル量が異なります。
TA-Blunt Ligation Kit 参考資料「2. ベクター:インサートモル比の検討」(PDF 177KB)
9. ライゲーション反応を室温(25°C)で行うことはできますか?
はい、室温(25°C)でもライゲーション反応ができます。
10. サンプル数が多いのですが、あらかじめ5x Ligation Mixと10x Enhancer solutionを混ぜたプレミックスを作製してから使用することはできますか ?
はい、できます。
<注意> ただし、プレミックスは使用直前に調製し、調製後はすぐに使用して下さい。プレミックス調製後、長時間経過するとライゲーション効率が低下する恐れがあります。10分間程度の氷上静置では問題なくライゲーションできることを確認しております。
11. 効率の良いライゲーションを行うにはどのようにしたらよいですか?
ベクターDNAとインサートDNAのモル比を最適化することが重要です。また、その最適条件はDNAの末端形状、インサートの長さ、ベクターの大きさによっても異なります。 ニッポンジーンではpBluescriptII SK(+) (Stratagene社)、pGEMR-T(Promega社)をベクターDNAとして使用した場合について、様々な条件でデータ取りを行い、本キットにおけるDNAモル比の推奨条件を紹介しておりますので、ご参考下さい。
TA-Blunt Ligation Kit 参考資料「2. ベクター:インサートモル比の検討」(PDF 177KB)
12. 平滑末端と粘着末端の両方を持ったインサートDNAとベクターDNAのライゲーション反応を行いたいのですが可能ですか?あるいは、粘着末端ライゲーションで使用できますか ?
粘着末端をもったインサートについては、本キットの効果を発揮することができません。粘着末端を持つインサートで高効率なライゲーションを行う場合は、Ligation-Convenience Kitをご使用下さい。
Ligation-Convenience Kit
13. セルフライゲーションを行いたいのですが可能ですか?
はい、できます。本キットのライゲーション反応条件に従って反応を行ってください。
14. 反応終了液をそのまま大腸菌の形質転換に使用することができますか?
1:ケミカルコンピテントセルでの形質転換の場合はそのまま使用できます。ただし、使用する反応液量はコンピテントセルの1/10量以内にして下さい。多量の反応液を使用した場合、形質転換効率が低下することがあります。
2: エレクトロポレーション法で形質転換する場合は、反応終了液をフェノール/クロロホルム/イソアミルアルコール処理、クロロホルム/イソアミルアルコール処理後、エタノール沈澱法によりDNAを回収してからddH2OまたはTE buffer(pH8.0)に溶解してから形質転換を行って下さい。エタノール沈澱を行う際にエタチンメイトを使用すると、より効率良くDNAを回収することができます。
Ethachinmate(エタチンメイト)
15. 大腸菌形質転換でECOSTM コンピテントセルを使用したいのですが、ライゲーション反応液は何%まで持ち込んでもよいですか ?
ECOSTM コンピテントセルを使用して形質転換を行う場合は、ライゲーション反応液はコンピテントセル体積の5%までにして下さい。 5%以上の反応溶液を形質転換に使用したい場合は、反応液をフェノール/クロロホルム/イソアミルアルコール処理、クロロホルム/イソアミルアルコール処理、エタノール沈澱法により DNAを回収して、そのDNAをコンピテントセル体積の5%量になるようにddH2OまたはTE buffer(pH8.0)に溶解してから形質転換に用いて下さい。
16. ライゲーション産物を濃縮したいのですが、そのままエタノール沈澱してもよいですか?
ライゲーション産物をそのままエタノール沈殿すると、形質転換時にコロニー数が著し く減少します。エタノール沈澱を行いたい場合は、マニュアルに記載の方法に従って、ライゲーション産物をフェノール/クロロホルム精製してからエタノール沈殿して下さい。 また、エタチンメイトを使用してエタノール沈殿を行うと、効率良くDNAを回収することができます。
Ethachinmate(エタチンメイト)
17. エタチンメイトで調製したベクターDNAやインサートDNAを使用してライゲーションを行っても問題ありませんか?
はい、問題ありません。20 µl の反応系にエタチンメイト3µl以内の持込みであればライゲーション効率に変化がないことを確認しております。ただし、3 µl 以上の持込みがある場合はライゲーション効率が低下する恐れがあります。
18. ライゲーション反応産物を一時保存する場合はどうしたらよいですか?
-20°Cに保存して下さい。融解後はそのまま形質転換実験に用いることができます。熱処理は特に必要ありません。
19. ライゲーション反応後に熱処理によるLigaseの失活を行うことができますか?
はい、できます。 70°C、10分間の熱処理でLigaseの失活を行うことができます。
20. 市販のTAクローングキット中のライゲーション試薬をTA-Blunt Ligation Kitに置き換えて使用してもよいですか?
はい、できます。ライゲーションにTA-Blunt Ligation Kitを使用することで、高効率なTAクローニングを行うことができます。ただし、ライゲーション条件はTA-Blunt Ligation Kitの条件を使用して下さい。ニッポンジーンでは、市販されている代表的なTAクローニングキットのライゲーションに本キットを使用することで、市販品のまま使用するよりも高効率なクローニングができることを確認しております。
21. 様々なライゲーションキットが市販されていますが、他のライゲーションキットと比較してTA-Blunt Ligation Kitのライゲーション効率はよいのですか?
はい、よいです。本品はTAクローニング(PCR産物のTベクターへのライゲーション)、平滑末端ライゲーション専用のライゲーションキットですので、TAクローニング、平滑末端ライゲーションにおいては他の市販されているライゲーションキットよりも高いライゲーション効率を得ることができます。
<注意> 粘着末端ライゲーション、または粘着末端を含んだDNAのライゲーションには使用しないで下さい。本品はTAクローニング(PCR産物のTベクターへのライゲーション)、平滑末端ライゲーション専用のライゲーションキットです。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ