Hot-Start Gene Taq

ホットスタートPCR
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Hot-Start Gene Taq 313-07044 50 units 6,600円  
Hot-Start Gene Taq 319-07041 250 units 26,500円  
Hot-Start Gene Taq 315-07043 250 units x 4 93,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、ホットスタートPCR 用の耐熱性DNA ポリメラーゼです。PCR サイクルに入る前に95°C、5 分間の熱処理によって酵素の活性化処理を行います。本品は、宿主菌由来のDNA のコンタミを極力抑えた改変型Taq DNA ポリメラーゼである「Gene Taq FP」に化学的な修飾を施しています。得られた PCR 産物はTA クローニングに使用することができます。
本品には、従来からある 10 x Gene Taq Universal Buffer と、10 x Brilliant Buffer の2 種類の反応バッファーを添付しています。PCR の特異性を上げたい場合、10 x Brilliant Buffer は短鎖 DNA (特に1.5 kb以下)の増幅において有効なバッファーです。

特長

・高い特異性と高い DNA 収量・Hot-Start 機能を持ち、室温での反応液調製が可能・マルチプレックス PCR に最適・実験条件に合わせて使い分けできる2種類のバッファーを添付

用途

M.W. 68 kDa
活性 2.5 units/µl
形状 20 mmol/l Tris-HCl(pH 8.0), 100 mmol/l KCl, 0.1 mmol/l EDTA, 0.5% Tween 20, 1 mmol/l DTT, 50% Glycerol
単位の定義 1 unit は、activated calf thymus DNA をプライマー/ 鋳型として74°C、30 分間に10 nmol のデオキシヌクレオチドを酸不溶性沈殿物に取り込む酵素活性とする。
純度 本酵素10 units と1 µg のλ/Hind III digest とを74°C、1時間反応させてもアガロースゲル電気泳動のパターンに変化は認められない。

▲このページのトップへ

製品内容

Hot-Start Gene Taq(50 units)
構成品 容量 保存 備考
Hot-Start Gene Taq 50 units x 1 -20°C  
dNTP Mixture (2.5 mmol/l each) 160 µl x 1 -20°C  
10 x Gene Taq Universal Buffer (15 mmol/l Mg2+ ) 1 ml x 1 -20°C  
10 x Brilliant Buffer (20 mmol/l Mg2+ ) 0.2 ml x 1 -20°C  
Hot-Start Gene Taq(250 units)
構成品 容量 保存 備考
Hot-Start Gene Taq 250 units x 1 -20°C  
dNTP Mixture(2.5 mmol/l each) 800 µl x 1 -20°C  
10 x Gene Taq Universal Buffer (15 mmol/l Mg2+ ) 1 ml x 1 -20°C  
10 x Brilliant Buffer (20 mmol/l Mg2+ ) 1 ml x 1 -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

ご使用になるPCR機器やプライマー配列、鋳型DNAなどによりPCR反応の至適条件は異なります。本プロトコールはあくまで参考データとしてご使用ください。

プロトコール例(1) 2-Step PCR

ゲノムDNAを鋳型とした、約500 bp フラグメントの2-Step PCRプロトコール例です。

反応液組成
Template DNA 50 - 100 ng  
10 x Brilliant buffer 5 μl
dNTP Mixture (2.5 mM each) 4 μl
10 μM Primer-forward 1 μl
10 μM Primer-reverse 1 μl
Hot-Start Gene Taq (2.5 units/μl) 0.5 μl
d.d.H2O up to 50 μl

PCR条件
95°C 5分    
95°C 30秒 30サイクル
68°C 90秒
68°C 3分  
4°C -  

電気泳動(PCR products 5 µl)

プロトコール例(2) 3-Step PCR

ゲノムDNAを鋳型として、約500 bpのフラグメントの3-Step PCRプロトコール例です。

反応液組成
Template DNA 50 - 100 ng  
10 x Brilliant buffer 5 μl
dNTP Mixture (2.5 mM each) 4 μl
10 μM Primer-forward 1 μl
10 μM Primer-reverse 1 μl
Hot-Start Gene Taq (2.5 units/μl) 0.5 μl
d.d.H2O up to 50 μl

PCR条件
95°C 5分    
95°C 30秒 35サイクル
60°C 30秒
72°C 60秒
72°C 3分  
4°C -  

電気泳動(PCR products 5 µl)

実験例1 マルチプレックスPCR

Plasmid DNAを鋳型として9対のプライマーにてマルチプレックスPCRを行なった。製品に添付されている2種類の反応バッファーで比較した。


Lane M:OneSTEP Marker 11
Lane 1:Hot-Start Gene Taq  Brilliant buffer
Lane 2:Hot-Start Gene Taq  Universal buffer
Lane 3:N社 改変型 DNA polymerase

Brilliant Buffer は短鎖DNA(1.5 kb以下)の
増幅に 最適化している。

反応液組成
鋳型DNA
2.5 µl
Primer Mixture
1 µl
Reaction Buffer
1X
dNTP Mixture
0.2 mM
Polymerase
0.3 U
total
50 µl

PCR(ABI2720)条件
95°C 30 sec. 10 cycles
65°C 1 min.
72°C 1 min.
95°C 30 sec. 27 cycles
60°C 1 min.
72°C 1 min.
72°C 7 min.

実験例2 シャトルPCR

HeLa DNA(50 ng)を鋳型として、下記3種類の増幅困難なプライマーに対してシャトルPCRを行なった。

プライマー(鎖長:500 bp)
A-1 F
5'-AGTGGGCAGAGCCAGTCACT-3'
R
5'-AGACTGGATGCCCAGCCTAA-3'
A-2 F
5'-CAGACTCTGGGGCTGCCCAT-3'
R
5'-TCAAACACTGGCTTGGGGTA-3'
A-3 F
5'-CCTTGGAGCAATGAGCAATG-3'
R
5'-CATCTTTCCAGGCTCCTTCC-3'

反応液組成
鋳型DNA
50 ng
Primer(10 µM each)
1 µl
10 x Reaction Buffer
5 µl
dNTP Mixture
0.2 mM
Polymerase
0.25 U
Total
50 µl

PCR(ABI2720)条件
95°C 5 min.
95°C 30 sec. 30 cycles
68°C 90 sec.
68°C 3 min.
4°C

 

結果

Hot-Start Gene Taq で Brilliant Buffer を使用すると、特異性の低いプライマーからでも特異性の高い増幅ができ、目的の増幅産物が高収量得られた。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ