ISOHAIR Jr.

大学生を対象にした学生実習などに最適な内容
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ISOHAIR Jr. 314-04431 30 回用 56,000円  
ISOHAIR Jr. 310-04433 60 回用 97,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、毛髪や爪からのDNA 抽出試薬(ISOHAIR)、PCR 用試薬(Gene Taq NT)、アガロースゲル電気泳動試薬のセットです。
大学生を対象にした学生実習などに最適な内容となっています。

特長

▲このページのトップへ

製品内容

納期

約2週間

使用回数

30 回用 / 60 回用
ISOHAIRとPCR用試薬は、最小 3人/グループから要望に応じてカスタム分注された状態で提供いたします。(例: 30回分 = 4回分 x 7 + 2回分 x 1 も可)

ISOHAIR Jr. (30回用)
構成品 容量 保存 備考
Extraction Buffer 6000 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、600 µl x 10 本)
Enzyme Solution 300 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、30 µl x 10 本)
Lysis Solution 240 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、24 µl x 10 本)
Ethachinmate 60 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、6 µl x 10 本)
3M Sodium Acetate (pH5.2) 600 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、60 µl x 10 本)
TE (pH8.0) 600 µl -20°C ISOHAIR構成品
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、60 µl x 10 本)
Gene Taq NT(5 units/µl 30 µl -20°C PCR用試薬(Gene Taq NT構成品)
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、3 µl x 10 本)
10 x Gene Taq Universal Buffer 300 µl -20°C PCR用試薬(Gene Taq NT構成品)
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、30 µl x 10 本)
dNTP Mixture(2.5 mM each) 240 µl -20°C PCR用試薬(Gene Taq NT構成品)
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、24 µl x 10 本)
ddH2O 3000 µl -20°C/室温 PCR用試薬
カスタム分注可能 (3人/班 x 10班の場合、300 µl x 10 本)
Agarose 21 3 g x 2 室温 電気泳動用試薬
50 x TAE 50 ml x 1 室温 電気泳動用試薬
EtBr Solution 30 µl x 1 室温 電気泳動用試薬
Loading Buffer 200 µl x 1 室温 電気泳動用試薬
Marker 4 5 µg x 1 -20°C 電気泳動用試薬
TE (pH 8.0) 100 µl x 1 -20°C 電気泳動用試薬

ISOHAIR Jr.の試薬は、単品でお買い求めになれます。

詳しくは、関連情報をご参照ください。

ISOHAIR Jr.に以下の試薬は含まれておりません。

※PCR用試薬に、プライマーは含まれておりません。
キットマニュアルに様々な使用例とプライマー配列を紹介していますので、ご希望のプライマーをカスタム合成してください。
実験例で使用したアルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2)遺伝子のプライマーセットはALDH2プライマーセット合成サービスからもご注文いただけます。

※核酸抽出実験で使用するバッファー類も別途ご準備ください。
フェノール/クロロホルム/イソアミルアルコール
ddH2O
エタノール(富士フイルム和光純薬株式会社サイトにリンク)

輸送方法

ニッポンジーンから直送する場合、-20℃品、ドライアイスを入れたスチロールボックス、室温品を一つの段ボール箱にまとめて入れて常温で輸送しています。

▲このページのトップへ

使用例

実験例 アルデヒドデヒドロゲナーゼ2 遺伝子の遺伝子型決定(PCR 法による遺伝子型特異的増幅)

3 検体のヒトの毛髪からDNA を抽出し、正常型特異的増幅と変異型特異的増幅を行い、アルデヒドデヒドロゲナーゼ2 遺伝子の遺伝子型を決定した。

アルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2)は、飲酒後にエタノールが代謝されてできるアセトアルデヒドを酸化して代謝する酵素である。ALDH2 の欠損はALDH2 遺伝子の点突然変異によるものと考えられており、対立遺伝子の組み合わせから、正常型ホモ接合体(NN 型)、ヘテロ接合型(MN 型)、変異型ホモ(MM 型)の3 種類の遺伝子型が知られている。3 種類のうちのどの遺伝子型を持っているかを調べることで、酒に強いか弱いかを判断することができる。正常型ホモ接合体は酒が飲めるタイプ、変異型ホモ接合体は全く飲めないタイプである。ALDH2 欠損者においては、飲酒後の血中アセトアルデヒド濃度の上昇により、フラッシング反応(顔面紅潮、動悸、悪心、低血圧など)が見られる。

結果

この実験例では、Sample 1 がNN 型、Sample 2 がMN 型、Sample 3 がMM 型であった。


3%ゲル Agarose21

Lane 1
Marker 5(φX174/Hinc II digest)
Lane 2
Sample 1/Normal primer
Lane 3
Sample 1/Mutated primer
Lane 4
Sample 2/Normal primer
Lane 5
Sample 2/Mutated primer
Lane 6
Sample 3/Normal primer
Lane 7
Sample 3/Mutated primer

プライマー配列、PCR条件など詳しくはこちらの「ISOHAIR実験例 アルデヒドデヒドロゲナーゼ2遺伝子の遺伝子型決定」をご覧下さい。

▲このページのトップへ

Q & A

もっと操作を簡略化させることはできますか?

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ