GeneAce SYBR® qPCR Mix α シリーズ

リアルタイムPCR用試薬(SYBR® Green検出系)
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
GeneAce SYBR® qPCR Mix α 319-07683 300反応用 36,000円  
GeneAce SYBR® qPCR Mix α 313-07681 60反応用 12,000円  
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX 316-07693 300反応用 36,000円  
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX 310-07691 60反応用 12,000円  
GeneAce SYBR® qPCR Mix α No ROX 319-07703 300反応用 36,000円  
GeneAce SYBR® qPCR Mix α No ROX 313-07701 60反応用 12,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


GeneAce SYBR® qPCR Mix α 300反応用

GeneAce SYBR® qPCR Mix αシリーズは、リアルタイムPCR 用サーマルサイクラー(プレートタイプ)に対応したSYBR® Green検出系のリアルタイムPCR用マスターミックス(2 x 濃度)です。
試薬が小分け分注されており、操作性に優れています。化学的な修飾を施されたホットスタートPCR用の耐熱性ポリメラーゼ「Hot-Start GeneTaq NT」と最適化されたバッファーにより、非特異的増幅を抑制し、広範囲の鋳型濃度に対し精度の高い分析ができます。

特長

・非特異的増幅を抑え、高い特異性と高感度のPCRを実現 ・幅広い増幅鎖長(600bp以下)に対するPCR増幅効率が向上 ・ホットスタートPCR用酵素の採用により、特異性の高いPCRが可能 ・プレミックスタイプの試薬が小分け分注済みで操作が簡便

注意事項

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

包装単位は50 µl反応系での使用回数です。

保存方法

-20°C(遮光)
長期保存する場合は-20°C(遮光)で保存して下さい。 4°C保存の場合は約1ヶ月間の保存が可能です。

・GeneAce SYBR® qPCR Mix α
構成品 300反応用 60反応用 形状
2 x GeneAce SYBR® qPCR Mix α
1.5ml x 5本 1.5ml x 1本 Hot-Start GeneTaq NT, ROX Passive Reference, Mg2+, dNTP Mixture, SYBR® Green I, stabilizers
対象機種: ABI GeneAmp® 5700, ABI Prism® 7000/7700/7900, ABI7300, StepOne /StepOnePlus , MasterCycler® ep realplex
・GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
構成品 300反応用 60反応用 形状
2 x GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
1.5ml x 5本 1.5ml x 1本 Hot-Start GeneTaq NT, ROX Passive Reference(low conc.), Mg2+, dNTP Mixture, SYBR® Green I, stabilizers
対象機種: ABI Prism® 7500, Mx3000P/3005/4000, QuantStudio 3, 5, 7
・GeneAce SYBR® qPCR Mix α No ROX
構成品 300反応用 60反応用 形状
2 x GeneAce SYBR® qPCR Mix α No ROX
1.5ml x 5本 1.5ml x 1本 Hot-Start GeneTaq NT, Mg2+, dNTP Mixture, SYBR® Green I, stabilizers
対象機種: LightCycler® 96/480/Nano, Rotor-Gene® 2000/3000/6000/Q, Thermal Cycler Dice®, Smart Cycler® I/II, CFX96 Touch, iCycler iQ®, iQ5, MyiQ®, DNA Engine Opticon® 1/2, Chromo4, Mini Opticon®, Quantica®

▲このページのトップへ

実験例

2種類のReal time PCR装置(ABI Prism® 7500, LightCycler® 96)にて、プラスミドpUC19 DNAを鋳型とし、本品の推奨PCR サイクル条件にて増幅鎖長120bpのリアルタイムPCRを行い、他社製品と増幅効率を比較した。また、融解曲線を描いて非特異的産物の有無を確認した。

実験例1 ABI Prism® 7500を用いた増幅試験

 
Template: 
pUC19 DNA(NTC, 1fg, 10fg, 100fg)
 
定量PCR 試薬: 
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
 
比較対象: 
A社製品、B社製品
 
PCR volume: 
25μl
 
サンプル数: 
n=3
 
装置: 
ABI Prism® 7500
 
Run mode: 
9600 emulation mode
 
PCR condition: 
95°C 10分→(95°C 30秒→60°C 60秒) x 45サイクル

結果

・増幅効率の比較(他社製品との増幅曲線比較、鋳型DNA濃度におけるCt値比較)

・融解曲線解析
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
A社製品
B社製品

 

実験例2 LightCycler® 96を用いた増幅試験

 
Template: 
プラスミドpUC19 DNA(NTC, 0.1fg, 1fg, 10fg, 100fg, 1pg)
 
定量PCR 試薬: 
GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX
 
比較対象: 
C社製品
 
PCR volume: 
25μl
 
サンプル数: 
n=3
 
装置: 
LightCycler® 96
 
Ramp rate: 
4.4°C/sec.
 
PCR condition: 
95°C 10分→(95°C 30秒→60°C 60秒) x 45サイクル

結果

・増幅効率の比較(他社製品との増幅曲線比較)

・融解曲線解析(左から GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROX、 C社製品)

考察

GeneAce SYBR® qPCR Mix α Low ROXシリーズは、鋳型DNA量が少ない場合でもバラツキが少なく、安定した低いCt値を示した。また、融解曲線解析では、それぞれの鋳型DNA量の増幅産物で、同じTm値の1本のピークが得られ、他社製品と比較し高い特異性が示された。
本シリーズは、非特異的増幅を抑え、高い特異性と高感度のPCRが可能であることが示された。

▲このページのトップへ

Q & A

【基礎編】

全てのリアルタイムPCR装置で使用可能ですか?
機種によって対応試薬が異なるのはなぜですか?
使用期限は?
反応容量のスケールダウンは可能か?
凍結融解による活性への影響はありますか?

【トラブルシューティング編】

増幅の立ち上がりが遅い。
融解曲線解析のTm値が他社試薬での値と異なっている。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
和光純薬工業株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ