GeneAce RL qPCR Mix with UNG

インターカレーター法用リアルタイムPCR 試薬
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
GeneAce RL qPCR Mix with UNG 312-08413 200反応用 57,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

GeneAce RL qPCR Mix with UNGは、インターカレーター法用リアルタイムPCR 試薬です。
なお、ROX による補正が必要なリアルタイムPCR 装置で使用する場合は、別売の50 x ROX Passive Reference のご利用をお勧めします。

特長

蛍光シグナルを高感度に検出

インターカレーターとしてResoLight Dyeを採用しており、蛍光シグナルを高感度に検出することができます。

UNGによるキャリーオーバー処理でクロスコンタミネーション防止

本製品はdTTP の代わりにdUTP が含まれているため、添付のUNG (Uracil-DNA Glycosylase) を使用することにより、PCR 産物のキャリーオーバーによるクロスコンタミネーションを防ぐことが可能です。UNG は、ウラシル塩基を含むDNA を切断する酵素で、PCR 前に50°C で2 分間反応させることで、ウラシルを含まないDNAには影響を与えず、ウラシルを取り込んだPCR産物等は分解することが可能です。

ホットスタートPCR用酵素の採用により、特異性の高いPCRが可能

化学的な修飾を施されたホットスタートPCR用の耐熱性ポリメラーゼ「Hot-Start GeneTaq NT」と最適化されたバッファーにより、非特異的増幅を抑制します。

用途

注意事項

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

包装単位は50 µl反応系での使用回数です。

保存方法

-20°C(遮光)
4°C保存(遮光)の場合は約1ヶ月間の保存が可能です。 長期保存する場合は-20°C(遮光)で保存し、使用期限内に使用してください。

GeneAce RL qPCR Mix with UNG (200反応用)
構成品 容量 形状
2 x GeneAce RL qPCR Mix
1.25 ml x 4 Hot-Start DNA Polymerase, dUTP, dATP, dGTP, dCTP, Mg2+, ResoLight Dye, stabilizer を含んでいます。マスターミックスにROX Passive Reference Dye は含まれておりません。
Uracil-DNA Glycosylase (UNG)
100 µl x 1 20 mM Tris/HCl, 0.1 mM EDTA, 100 mM KCl, 1 mM DTT, 50 % Glycerol, 0.5 % (v/v) Nonidet P40, 0.5 % (v/v) Tween 20, pH 8.0 (4 °C)
ddWater
1.25 ml x 4 脱イオン蒸留水

▲このページのトップへ

使用例

ご使用の装置に対応した反応液量でご使用下さい。
蛍光波長の設定をResoLight Dye もしくはSYBR® Green I を測定する波長にしてください。

反応液組成(例)
2X GeneAce RL qPCR Mix 25 μl 12.5 μl (final conc. 1X)
25 μM Forward Primer 1 μl 0.5 μl  
25 μM Reverse Primer 1 μl 0.5 μl  
Uracil-DNA Glycosylase (UNG) 0.5 μl 0.25 μl  
Template DNA 5 μl 2.5 μl  
ddWater up to 50 μl up to 25 μl  

推奨PCR サイクル条件
50°C 2分   UNG 処理
95°C 10分   酵素活性化ステップ
95°C 30秒 45サイクル Primerのデザインや鋳型DNA等により反応の至適条件が変わることがあります。
60°C 2分


融解曲線解析

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ