Pho DNA Polymerase

高正確性酵素
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Pho DNA Polymerase 310-07113 50 units 6,900円  
Pho DNA Polymerase 314-07111 250 units 27,500円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、超好熱菌Pyrococcus horikoshii OT3 由来の耐熱性DNA Polymerase です。5’→ 3’exonuclease 活性は有していません。
3’→ 5’exonuclease 活性(校正活性)を有しているため、得られるPCR 産物は平滑末端です。必要に応じてリン酸化した後に、平滑末端のベクターにライゲーションできます。また、変異の頻度はPol Ⅰ型よりも10 倍程度低く、合成の忠実度が高いため正確な増幅が必要とされるPCR に適しています。

特長

・3’→ 5’exonuclease 活性(校正活性)を持ち、PCR 産物は平滑末端・合成の忠実度が高く、正確性の高いPCRが可能・長鎖DNA やGC 含量の高いDNA を増幅可能・PCR の阻害物質であるSDS の影響を受けにくい・PCR 変性温度92℃~ 98℃で酵素失活は認められない

用途

活性 2.5 units/μl
形状 50 mmol/l Tris-HCl(pH 8.0), 100 mmol/l NaCl, 1 mmol/l DTT, 0.1 mmol/l EDTA, 50%(v/v)Glycerol, 0.1% Triton X-100
単位の定義 1 unit は、activated calf thymus DNA をプライマー/鋳型として、74℃、30 分間に10 nmol のデオキシヌクレオチドを酸不溶性沈殿物に取り込む酵素活性とする。
純度 本酵素10 units と1 μg のpBR322 DNA とを74℃、1時間反応させてもアガロースゲル電気泳動パターンに変化は認められない。

 

▲このページのトップへ

製品内容

Pho DNA Polymerase (50 units)
構成品 容量 保存 備考
Pho DNA Polymerase (2.5 units/µl) 50 units x 1 -20°C  
dNTP Mixture (2.5 mM each) 160 μl x 2 -20°C  
10 x Pho Reaction Buffer (10 mM Mg2+) 1 ml x 1 -20°C  
Pho DNA Polymerase (250 units)
構成品 容量 保存 備考
Pho DNA Polymerase (2.5 units/µl) 250 units x 1 -20°C  
dNTP Mixture (2.5 mM each) 800 μl x 2 -20°C  
10 x Pho Reaction Buffer (10 mM Mg2+) 1 ml x 1 -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

実験例1 λ DNA を鋳型にした増幅(200 bp ~ 20 kbp)

M 1: Gene Ladder Wide 1(0.1 - 20 kbp)
M 2: OneSTEP Marker 1(λ/Hind III digest)
Lane 1: 200 bp
Lane 2: 500 bp
Lane 3: 1 kbp
Lane 4: 3 kbp
Lane 5: 5 kbp
Lane 6: 8 kbp
Lane 7: 10 kbp
Lane 8: 15 kbp
Lane 9: 20 kbp
0.8% Agarose S  

 

実験例2  GC-rich な領域の増幅

HeLa 細胞のゲノムDNA を鋳型としApoE 遺伝子の577 bp(GC 含量72%)の領域を増幅した。増幅の際に Betaine(終濃度 0.5 M, 1 M, 1.5 M, 2 M)、DMSO(終濃度 2.5%, 5%, 10%)、Formamide(終濃度 2.5%, 5%, 10%)をそれぞれ反応液に添加した。
本試験では、 終濃度5.0%のFormamide を添加した系で目的サイズのDNA 断片を特異的に増幅することができた。(Lane 9 ○印)

M: Gene Ladder 100
C: 添加剤なし
Lane 1: 0.5M Betaine 添加
Lane 2: 1.0M Betaine 添加
Lane 3: 1.5M Betaine 添加
Lane 4: 2.0M Betaine 添加
Lane 5: 2.5% DMSO 添加
Lane 6: 5.0% DMSO 添加
Lane 7: 10.0% DMSO 添加
Lane 8: 2.5% Formamide 添加
Lane 9: 5.0% Formamide 添加
Lane 10: 10.0% Formamide 添加
2% Agarose S  

 

実験例3  PCR阻害物質の存在下における増幅量の比較

λDNA(5 ng)を鋳型として3 kbpを増幅した。その際にフミン酸(腐植酸)、Ethanol、SDSをそれぞれ添加し、PCR阻害物質存在下において増幅量の比較を行なった。20 μl反応系のうち5 μlを電気泳動した。

PCR条件*1

94℃
2 min.
94℃
30 sec.
25 cycles
55℃
30 sec.
72℃*2
3 min.
72℃
5 min.

*1 ABI 2720
*2 D社 DNA polymeraseは68℃

フミン酸(腐植酸)添加

M. Gene Ladder Wide 2 ( 0.1-20kbp)
Lane 1. フミン酸 400 ng
Lane 2. フミン酸 200 ng
Lane 3. フミン酸 100 ng
Lane 4. フミン酸 50 ng
Lane 5. フミン酸 25 ng
Lane 6. フミン酸 5 ng
Lane 7. なし
0.8% Agarose S
①Pho DNA Polymerase
②D社 DNA polymerase
③N社 DNA Polymerase
 

 

エタノール添加

M. Gene Ladder Wide 2 ( 0.1-20kbp)
Lane 1.Ethanol 10%
Lane 2.Ethanol 8%
Lane 3.Ethanol 6%
Lane 4.Ethanol 4%
Lane 5. なし
0.8% Agarose S
①Pho DNA Polymerase
②D社 DNA polymerase
③N社 DNA Polymerase
 

 

SDS添加

M. Gene Ladder Wide 2 ( 0.1-20kbp)
Lane 1. SDS 0.04%
Lane 2. SDS 0.02%
Lane 3. SDS 0.01%
Lane 4. SDS 0.005%
Lane 5. なし
0.8% Agarose S
①Pho DNA Polymerase
②D社 DNA polymerase
③N社 DNA Polymerase
 

 

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ