M-MLV Reverse Transcriptase

M-MLV由来の逆転写酵素 野生型(RNase H+)
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
M-MLV Reverse Transcriptase 313-08161 10,000 units 10,000円  
M-MLV Reverse Transcriptase 319-08163 10,000 units x 5 40,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、Moloney Murine Leukemia Virus(M-MLV;マウス白血病ウイルス)由来の野生型(RNase H+) の逆転写酵素で、大腸菌で発現・精製した組換え酵素です。AMV Reverse TranscriptaseよりRNase H活性が弱いため、比較的長鎖のcDNAを合成することができます。

※ M-MLV由来の改変型(RNase H-)の逆転写酵素 GeneAce Reverse Transcriptase はこちら

特長

・M-MLV由来の野生型(RNase H+)逆転写酵素 ・6 kb までのDNA合成に使用可能

用途

起源 遺伝子組換え大腸菌
活性 200 units/µl
単位の定義 1 unit は、37°Cで10 分間に1 nmol のdTTPを酸不溶性画分に取り込ませる酵素活性とする。
形状 M-MLV Reverse Transcriptase:
20 mM Tris-HCl(pH7.5), 200 mM NaCl, 0.1 mM EDTA, 1 mM DTT, 50% Glycerol, 0.05% NP-40, 0.05% Tween20
5 x RT Buffer:
250 mM Tris-HCl(pH8.3), 375 mM KCl, 15 mM MgCl2, 50 mM DTT

▲このページのトップへ

製品内容

M-MLV Reverse Transcriptase (10,000 units
構成品 容量 保存 備考
M-MLV Reverse Transcriptase 50 µl x 1 -20°C  
5 x RT Buffer 1 ml x 1 -20°C 5 x RT Buffer に白い沈澱が析出している場合は、室温でボルテックスミキサー等で混和し、完全に均一にしてからご使用ください。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ