LAMBDA INN

in vitro Packaging Kit LAMBDA INN
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
LAMBDA INN 317-01741 3回分 20,000円  

製造元(株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

LAMBDA INN はラムダDNAを効率よくin vitro パッケージングするためのキットで、Freeze/Thaw Lysate とSonicated Extract が1 本のチューブに含まれているので、操作が簡便です。パッケージング効率は5 x 108 pfu/µg λDNA 以上です。パッケージングに用いるDNA 溶液(~ 1 µg/µl)の容量は最大6 µl まで可能です。

用途

▲このページのトップへ

製品内容

LAMBDA INN (3回分)
構成品 容量 保存 備考
Packaging Extract
30 µl x 3 本
-80°C
黄色チューブ(ラベルなし)
StandardλDNA(cl857Sam7)
20 µl(0.04 µg/µl)x 1 本
-80°C
透明チューブ
Indicator E. coli VCS257(Glycerol Stock)
10 µl x 1 本
-80°C
青色チューブ(ラベルなし)

▲このページのトップへ

使用例

Packagingの反応*1

  1. Packaging Extract を-80°Cのフリーザーから氷中に移し、速やかに融解させる。
  2. DNA 溶液(~ 1 µg/µl)を1 ~ 6 µl 加える。
  3. 室温(約22°C)にて1 ~ 2 時間静置する。
  4. Phage Buffer*2 を 0.5 ~ 1 ml 加え、穏やかに混合する。(数日4°Cに保存する場合にはクロロホルムを一滴加える)

宿主菌への導入

  1. 宿主菌の調製
    a) Indicator E. coli VCS257を用いてコロニーアイソレーションを行い、得られたE. coli VCS257 の単一コロニーを2 ml のLB broth(20% マルトースを70 µl 含む)に植菌し、37°Cにて一晩振とう培養する。
    b) 菌液1 ml を1.5 ml のチューブに取り、軽く遠心(1500 x g, 5 min)し上清を残さぬように取り除き、10 mmol/l MgCl2(またはMgSO4)0.5 mlに懸濁する。
  2. パッケージング反応後のファージ液を軽く遠心(3000 x g, 5 min)して残渣を落とし、上清をPhage Buffer で 1 x 105倍(100,000倍)に希釈した液から100 µl 取り、1. b) で調製した菌液100 µl と混合し、室温(約22°C)にて15 分間静置する。
  3. 約50°Cに保温しておいたM top agar*3 3 ml と速やかに混合し、すでに固化しているLB-plate に重層する。
  4. 37°Cで一晩培養する。プラークが形成される。

*1 「パッケージング反応」に示したプロトコルは本キットに含まれるλファージDNAを用いた対照実験の手順である。
組換えDNAのパッケージング効率が、λファージDNAのパッケージング効率より低下すると考えられる場合(目的のゲノムDNAがメチル化されている等)には、DNA溶液の希釈倍率を変える必要がある。

*2 Phage Buffer
・NaCl
2.9 g
・MgSO4・7H2O
1.0 g
・1 M Tris-HCl(pH7.5)
25.0 ml
・2% Gelatin
2.5 ml
以上にH2Oを加えて500 mlの容量とし、オートクレーブ滅菌を行い、4℃で保存する。

*3 M Top Agar
Tryptone
10 g
Yeast Extract
5 g
NaCl
5 g
Agar
7.5 g
以上にH2Oを加えて1 Lとし、オートクレーブ滅菌後、4℃で保存する。
使用時には、加熱融解させ、必要量を分取し濾過滅菌済みの
1 M MgCl2を終濃度10 mMとなるように添加して用いる。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

技術資料

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ