Charomid DNA

コスミドベクター
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Charomid 9-20 311-01381 10 μg 10,000円  
Charomid 9-28 318-01391 10 μg 10,000円  
Charomid 9-36 311-01401 10 μg 10,000円  
Charomid 9-42 318-01411 10 μg 16,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

Charomid DNA は、λファージベクターの高いクローン化効率を保持しながら、クローン化可能な9 つの制限酵素切断部位を持ち、さらにプラスミドベクターへのサブクローン化を行わずに、Charomidベクター上のスペーサーフラグメントを除去するだけでサブクローン化できる、という新しいタイプのクローニングベクターです(mapはこちら)。
ニッポンジーンでは、スペーサーフラグメント数が異なる4 種類のCharomid ベクターを用意しています。

4 種類のCharomid ベクター
Charomidベクター 全長
(kbp)
スペーサー
(2,047 bp)数
挿入可能なDNAサイズ
(kbp)
Charomid 9-20
19.7 7 18~32
Charomid 9-28
27.9 11 10~24
Charomid 9-36
36.0 15 2~16
Charomid 9-42 42.2 18 0~10

 

起源 Charomid を保持したE. coli DH1
試薬の調製 Charomid を保持したE. coli DH1 より臭化エチジウム一塩化セシウム密度勾配遠心によって分離した。
形状 10 mmol/l Tris-HCl(pH 8.0), 1 mmol/l EDTA
濃度 0.2 ~ 0.8 μg/μl
純度 A260/A280 ≒ 1.8(この値はlot により多少異なる)
備考 ・Charomid ベクターは、Imperial Cancer Research Fund が、その全権利を有するクローニングベクターである。

▲このページのトップへ

製品内容

Charomid 9-20(10 µg
構成品 容量 保存 備考
Charomid 9-20 10 µg -20°C  
Charomid 9-28(10 µg
構成品 容量 保存 備考
Charomid 9-28 10 µg -20°C  
Charomid 9-36(10 µg
構成品 容量 保存 備考
Charomid 9-36 10 µg -20°C  

 

Charomid 9-42(10 µg
構成品 容量 保存 備考
Charomid 9-42 10 µg -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

マルチクローニングサイトの塩基配列

site_charomid

Charomidベクターの基本構造

map_charomid

Charomid DNAの特長および使用例

使用例など詳細については、2005年度版 遺伝子工学用カタログ・マニュアルのp.487~490をご参照ください。
2005年度版 遺伝子工学用カタログ・マニュアル(p.487~490)(PDF 85KB)

  1. Charomid ベクターの特長
    1)9種類のクローン化部位
    2)パッケージングによる高いクローン化効率
    3)容易なスペーサー除去
  2. Charomid 9-36 を用いたクローン化の例
    1)組換え体の調製
    2)テストパッケージング
    3)大腸菌への導入
    4)スクリーニング
  3. プロトコール集
    1)DNAの調製
    2)アルカリ変性とアニーリング

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

技術資料

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ