Agarose S<錠>

Agarose S Tablet スタンダードタイプ
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
アガロース S<錠> 312-06073 0.5 g x 10錠(5 g) 2,000円  
アガロース S<錠> 316-06071 0.5 g x 140錠(70 g) 12,800円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


Agarose S<錠>

Agarose S<錠>は、Agarose S を0.5 g/錠の錠剤にしたものです。そのため、従来品のようにゲル調製時に秤量をする必要がありません。性能はAgarose S と全く同じです。

特長

・秤量が不必要なタブレット・日常的に使えるスタンダードタイプ(核酸の分離範囲が広く、低コスト)・使用濃度範囲 0.5~2 %・分離範囲 0.5~30 kbp

用途

規 格
ゲル強度
≧1,200 g/cm2(1.5%)
融点
≦90°C(1.5%)
ゲル化温度
37~39°C(1.5%)
硫酸含量(SO4
≦0.1%
水分含量
≦10%
電気浸透度(-Mr)
≦0.1

▲このページのトップへ

使用例


*1 完全に錠剤が崩れた状態

1% Agarose Sゲルの作製

  1. ピンセットなどでボトルから一錠取り出し、50 mlのバッファーに入れる。
  2. バッファー中で錠剤が完全に崩れるまで放置する。(室温で約5分間)*1
  3. 軽く撹拌し、固形物がないことを確認してから電子レンジなどで加熱する。

使用上の注意

錠剤がバッファー中で完全に崩れてから加熱して下さい。
固形状のアガロースが残っている状態で加熱すると固形物の表面にゲル状の膜ができ、それ以上溶けなくなります。(下記写真)

agarose-stab_data1
agarose-stab_data2

 

ゲル作製時の濃度対応表(緩衝液量とアガロース濃度)

錠剤数
1錠
2錠
3錠
アガロース濃度
バッファー量
0.8%
62.5 ml
125 ml
187.5 ml
1.0%
50.0 ml
100 ml
150 ml
1.2%
41.7 ml
83.3 ml
125 ml
1.5%
33.3 ml
66.7 ml
100 ml
2.0%
25.0 ml
50.0 ml
75.0 ml

 

▲このページのトップへ

Q & A

バンド移動距離に対してAgarose濃度の目安はありますか?

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ