Internal Positive Control

インターナルポジティブコントロール
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Internal Positive Control 315-08241 500 μl x 2 32,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


Internal Positive Control (500 µl x 2)

Internal Positive Control は、PCRを用いた遺伝子検査を実施する際の阻害影響評価等に使用する目的で開発された鋳型DNAです。

簡易なDNA抽出法による前処理で得た試験液を用いてPCRを行い、陰性の結果を得た場合は、反応阻害の影響によるものではないことを確認する必要があります。 PCR阻害を受けやすい低濃度の鋳型DNAを反応系に添加し、検出できることを確認します。これにより、PCR阻害による偽陰性である可能性が排除され、結果の正確性が担保されると期待されます。

Internal Positive Controlは、デジタルPCR*によりあらかじめ20 (17-23) copies/µLに濃度調製され、蛍光標識プローブ法に適した検出プライマー及びプローブも既に設計されているため、上記目的での使用に優れた製品となっています。

* QuantStudio™ 3D Digital PCR Systemによる定量

特長

・ PCR阻害による偽陰性の影響評価に使用可能 ・ デジタルPCRで約20コピー/µLに品質管理された製品(測定値は17~23コピー/µLの範囲内) ・ 人工塩基配列を検出に用いることで、様々な生物の遺伝子検査に利用可能 ・ 検出用プライマー及びプローブは以下の通り:

IPC1-5’: 5’- CCG AGC TTA CAA GGC AGG TT-3’
IPC1-3’: 5’- TGG CTC GTA CAC CAG CAT ACT AG-3’
IPC1-Taq: 5’-(FAM) TAG CTT CAA GCA TCT GGC TGT CGG C (TAMRA)-3’

・ Internal Positive Controlは、消費者庁「別添 安全性審査済みの遺伝子組換え食品の検査方法」において、トウモロコシ穀粒のグループ検査法に収載されました。(2017年6月現在)

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

1反応あたり 1 µlを使用した場合、1000回使用できます。

Internal Positive Control (500 μl x 2)
構成品 容量 保存 備考
Internal Positive Control 500 μl x 2 -20℃ 濃度: 20 (17-23) copies/µl
本品は、制限酵素処理した直鎖状プラスミドDNAで、ColE1/TE溶液によって希釈されています。

本品に検出用プライマーと検出用プローブは含まれておりません。

検出用プライマーとプローブは別途ご準備願います。配列情報はこちら
・ プライマー:スタンダードオリゴ合成サービス
・ 検出用プローブ:Double-Dye Probe (FAM/TAMRA) 合成サービス

▲このページのトップへ

使用例

構造模式図


Art1はNCBI BLASTを用いて既知のDNA配列と相同性が低いことを確認した人工的な塩基配列です。
Art1のGC含量は、約50%です。配列情報はこちら

実験例1 粗抽出DNA溶液からのトウモロコシ内在性遺伝子(SSIIb)の検出

トウモロコシ種子 5 gに20 ml のLysis buffer for DirectAceを加えてフードミルで破砕し、20分間常温で静置後、上清を蒸留水で2倍以上に希釈したものを鋳型DNA溶液(粗抽出DNA溶液)とした。得られた粗抽出DNA溶液とリアルタイムPCR試薬DirectAce qPCR Mix plus ROX Tubeを用いて、トウモロコシ内在性遺伝子SSIIb検出するプライマー対およびプローブ(HEX/TAMRA)を用いて増幅の確認を行った。なお、この実験例では、Internal Positive Control(IPC)として本品をPCR反応液へ添加し、IPC検出用のプライマー対およびプローブ(FAM/TAMRA)を用いてIPCを検出する反応を同時(Duplex real-time PCR)に行った。

Template: 
トウモロコシ種子粗抽出DNA溶液
Probe: 
SSIIb-Taq(HEX/TAMRA), IPC-Taq(FAM/TAMRA)
定量PCR 試薬: 
DirectAce qPCR Mix plus ROX Tube
PCR volume: 
25 μl
サンプル数: 
n=3
装置: 
ABI PRISM® 7500
Run mode: 
9600 emulation mode

リアルタイムPCR液組成
IPC 1-5’ primer 12.5 pmol あらかじめIPC用プライマー
プローブ ミックス
(5 x IPC-PP mix)*1を調製
した 場合は、 PCR反応
液量25 µlに対して 5 µlを
添加して1 x 濃度にします。
IPC 1-3’ primer 12.5 pmol
IPC 1-Taq (FAM/TAMRA) probe 2.5 pmol
Internal Positive Control 1 μl
SSIIb03-5’ primer 12.5 pmol  
SSIIb03-3’ primer 12.5 pmol  
SSIIb-Taq (HEX/TAMRA) probe 2.5 pmol  
DNA template 2.5 μl  
2 x DirectAce qPCR Mix 12.5 μl  
ROX Passive Reference 0.05 µl ROX添加量は、使用装置:
ABI Prism 7500 の場合です。
Total up to 25 μl  

リアルタイムPCR条件
95°C 10分    
95°C 15秒 45サイクル
65°C 60秒

結果

Duplex real-time PCRの増幅曲線(Threshold Line=0.064、Base Line=3~15 cycle)

トウモロコシ種子粗抽出DNA溶液から良好にトウモロコシ内在性遺伝子SSIIbを検出することができた。

*1 (参考) 5 x IPC-PP mix 組成
IPC1-5’ primer 100 µM 10 μl  
IPC1-3’ primer 100 µM 10 μl
IPC-Taq (FAM/TAMRA) 10 µM 20 μl
Internal Positive Control 80 μl
Water 280 μl
Total 400 μl  

▲このページのトップへ


実験例2 反応特異性の評価

0.1 gの各種GMトウモロコシ試料およびNON-GMトウモロコシからGM quicker(Code No.317-06361)で抽出したDNAを用いて反応特異性を評価した。リアルタイムPCR用試薬にはDirectAce qPCR Mix plus ROX Tube(Code No. 318-07751)を使用した。評価には、様々なGMOに共通して導入されている35Sプロモーター(P35S)(Code No. 313-05621)、NOSターミネーター(TNOS)(Code No.310-05631)と阻害を検証するためのInternal Positive Control (IPC)を標的とした。

Template*2: 
(各種GMトウモロコシ試料)
Bt11: ERM-BF412d (約1%)
Event176: ERM-BF411d (約1%)
MON810: ERM-BF413f (約5%)
MON863: ERM-BF416c (約1%)
NK603: ERM-BF415d (約1%)
TC1507: ERM-BF418c (約1%)
DAS-59122-7: ERM-BF424c (約1%)
MIR604: ERM-BF423c (約1%)
Probe: 
FAM/TAMRA(P35S, TNOS, IPC2*3
定量PCR 試薬: 
DirectAce qPCR Mix plus ROX Tube(Code No. 318-07751)
PCR volume: 
25 μl
装置: 
ABI7900HT

*2 市販のIRMMのCRMを購入してデータを取得しています。
*3 IPC2の検出用プライマーとプローブの配列です。
IPC 8-5’: 5’- CCG AGC TTA CAA GGC AG-3’
IPC 8-3’: 5’- TGG CTC GTA CAC CAG C-3’
IPC 8-Taq: 5’-(FAM) TAG CTT CAA GCA TCT GGC TGT CG (TAMRA)-3’

結果

各GM系統の組換えDNA情報に対応した分析結果が得られ、反応特異性が確認された。

データご提供 : 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 真野 潤一博士
(第107回日本食品衛生学会学術講演会発表資料)

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

配列情報

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ