Alkaline Phosphatase, recombinant (Calf intestine)

修飾酵素
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Alkaline Phosphatase, recombinant (Calf intestine) 312-08011 1,000 units 14,800円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、仔牛小腸由来のAlkaline Phosphatase を酵母で発現させたものです。

特長

・短時間で脱リン酸化が可能・熱処理による酵素失活が可能

用途

起源 遺伝子組換え酵母
活性 20 units/μl
活性定義 1 unit は、p-Nitrophenyl Phosphate から、37°C、pH9.8 で、1 分間に1 μmole のp-Nitrophenol を遊離させる酵素活性とする。
形状 25 mM Tris-HCl , 1 mM MgCl2 , 0.1 mM ZnCl2 , 50% Glycerol , pH7.6 at 4°C
酵素反応条件 ・50 mM Tris-HCl , 0.1 mM EDTA , pH8.5 at 20°C (専用バッファーの10倍希釈濃度)
・反応温度 :37°C
純度 本酵素100 units と1 μg のλ/Hind lll フラグメントを、 37°Cで4時間反応させても、DNA のアガロースゲル電気泳動パターンに変化は認められない。
本酵素100 units と2 μg の基質RNA を、37°Cで1時間反応させても、RNA のアガロースゲル電気泳動パターンに変化は認められない。

▲このページのトップへ

製品内容

Alkaline Phosphatase, recombinant (Calf intestine)
構成品 容量 保存 備考
Alkaline Phosphatase, recombinant (Calf intestine) 1,000 units -20°C 酵素rCIP
10 x rCIP Buffer 1 ml -20°C 10倍濃度酵素反応バッファー

▲このページのトップへ

使用例

反応液組成
ベクターDNA
1 µg
10 x rCIP Buffer
2 µl
Alkaline Phosphatase
1 µl
d.d.H2O
up to 20 µl

反応時間
5’ 突出末端または平滑末端
37°C 10 分間
3’ 突出末端
37°C 30 分間

熱失活
75°C 5 分間 熱失活

ライゲーション反応など次のステップに進む

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ