GM トウモロコシCBH351 定性試験用試薬(LAMP 法)

LAMP用GMO検知用試薬
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
LAMP 用トウモロコシ内在性DNA SSIIb プライマーミックス 319-06321 120 µl 18,800円  
LAMP 用GMトウモロコシ系統別DNA CBH351 プライマーミックス 312-06311 120 µl 18,800円  
LAMP 用GMトウモロコシ系統別DNA CBH351 陽性コントロールプラスミド 315-06301 50 µl 12,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、LAMP法を用いて遺伝子組換えトウモロコシCBH351系統(StarLink; スターリンク)の検出を行う際に使用する研究用試薬です。
(PCR法を用いた遺伝子組換え食品の検知用試薬については、こちらをご参照ください。)

使用上の注意

▲このページのトップへ

製品内容

保存方法

-20°C保存

LAMP 用トウモロコシ内在性DNA SSIIb プライマーミックス (120 µl)
構成品 容量 備考
LAMP 用プライマーミックス 120 µl x 1 陽性対照用
LAMP 用GMトウモロコシ系統別DNA CBH351 プライマーミックス (120 µl)
構成品 容量 備考
LAMP 用プライマーミックス 120 µl x 1 CBH351 検出用
LAMP 用GMトウモロコシ系統別DNA CBH351 陽性コントロールプラスミド (50 µl)
構成品 容量 備考
LAMP 用プラスミド 50 µl x 1 形状: 10 mM Tris-HCl(pH8.0), 1 mM EDTA
使用可能なプライマーミックス: SSIIb陽性対照用, CBH351 検出用

▲このページのトップへ

使用例

GM トウモロコシCBH351 定性試験用試薬(プライマーミックス、および陽性コントロールプラスミド)を用いて、LAMP 反応およびアガロースゲル電気泳動を行った。

Step 1: 反応混合液の準備

LAMP反応にはNEW ENGLAND BioLabs社 Bst DNA Polyemrase Large Fragmentおよび添付の反応バッファーを使用するか、または栄研化学株式会社Loopamp® DNA 増幅試薬キットを使用する。Loopamp® DNA増幅試薬キットに関しては、添付の製品説明書を十分ご参照の上、ご使用下さい。

例1 : 基本反応系
LAMP 用プライマーミックス 2.5 μl
Bst DNA Polymerase 16 units
10X ThermoPol buffer 2.5 μl
2.5 mmol/l each dNTPs 4.0 μl
5 mol/l Betaine 3.2 μl
100 mmol/l MgSO4 0.75 μl
H2O up to 22.5 μl

例2 : Loopamp®DNA増幅試薬キット(栄研化学株式会社製)を用いる場合
LAMP 用プライマーミックス 2.5 μl
2X Reaction Mix 12.5 μl
Bst DNA Polymerase 1 μl
H2O up to 22.5 μl

Step 2: LAMP反応


M: OneSTEP Marker 11
Lane 1 CBH351 プライマーミックス
Lane 2 SSIIb プライマーミックス
  1. 試薬を融解し、反応混合液の調製(Step 1)を氷上で行う。
  2. 反応チューブに反応混合液を22.5 µl 分注する。
  3. 2.5 μl の鋳型DNA(サンプルDNAまたはCBH351陽性コントロールプラスミド)を添加し、よく混合する。
    サンプルDNA溶液は、検体からのDNA抽出液を100 ng/µlに希釈して用いる。
  4. 65°Cで1 時間インキュベートする。
  5. 反応液を80°Cで2 ~ 5 分間熱処理し、酵素を失活させる。
  6. 反応液2 µl をアガロースゲル(2 ~ 3%を推奨)を用いて電気泳動し、増幅の有無を確認する。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ