T7 Endonuclease I reaction Mix

T7 エンドヌクレアーゼ I リアクションミックス
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
T7 Endonuclease I reaction Mix 313-08801 50 µl 15,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

T7 Endonuclease I のミスマッチ検出

本品は、T7 phage 由来のNuclease とその反応バッファーが一液タイプになったプレミックス試薬です。本品に含まれるT7 Endonuclease I は、二本鎖DNA のミスマッチを認識し、切断する活性を有しており、ゲノム編集技術を用いた変異導入の確認に利用できます。

特長

・PCRとアガロースゲル電気泳動でミスマッチを簡単に検出! ・シーケンス解析前の事前確認に!

▲このページのトップへ

製品内容

T7 Endonuclease I reaction Mix (50 µl)
構成品 容量 保存 備考
T7 Endonuclease I reaction Mix 50 µl x 1本 -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

使用例 ミスマッチ塩基対や欠失 ・挿入を持つ基質DNA 断片の準備と酵素反応

ゲノム編集技術を用いた変異導入後のサンプルから
標的部位を含む領域をPCR で増幅

サーマルサイクラーを用いたPCR産物の変性
PCR 産物 100-250 ng  
10 x アニーリングBuffer *1 1 μl  
ddWater up to 9 μl  

*1 組成:100mM Tris-HCl (pH8.0), 1M NaCl

アニーリング
95°C 5分  
95°C→85°C 2°C/秒
85°C→25°C 0.1°C/秒

酵素反応
基質DNA断片 9 μl (100-250 ng)  
T7 Endonuclease I reaction Mix 1 μl  
Total 10 μl  


37°C、15 分間 *2

アガロースゲル電気泳動 *3

*2 電気泳動の結果、切断が見られない場合、37℃の反応時間を30 分~60 分に伸ばしてみる。
*3 非特異的切断が見られる場合、スピンカラムなどを用いてDNA 断片を精製した後、上記条件で変性、アニーリングを行う。

実験データ1. 各種Indel切断の確認


図1. アガロースゲル電気泳動像

2種類のDNA断片を混合して変性、再アニールを行うことで、理論上50%のDNAが Indel (insertion / deletion) を持つDNA断片を調製した。

1~18塩基の異なるIndelを持つDNA断片9 μl(250 ng)に本品1 μlを加え、37℃ 15分間反応させた後、アガロースゲル電気泳動(2% Agarose S)を行った。

結果

本品を用いてIndel 1~18塩基まで認識、切断できることを確認した。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ