Cloning Vector pTS1 DNA

クローニングベクターpTS1
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Cloning Vector pTS1 DNA 300-10123 10 µg 20,000円  
Cloning Vector pTS1 DNA, Hinc II Treated 301-10131 2 µg 15,000円  

製造元 (株)ニッポンジーンテク

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

クローニングベクターpTS1 DNA は、マルチクローニング部位(MCS)をはさんだ両側にT3 およびT7 プロモーターを配しているため、T3 またはT7 RNA ポリメラーゼによる in vitro 転写反応の鋳型調製に使用できます。

pTS1 は、pUC 由来の多コピープラスミドであり、アンピシリンの耐性遺伝子を含みます。また、β-ガラクトシターゼをコードするE. coli lacZ'α 遺伝子内にマルチクローニング部位(MCS)が導入されています。特定の宿主大腸菌(JM109 など)と組み合わせて使用すると、lacZ 遺伝子のα相補性を利用した青/白コロニーによる組換え体の選別が可能です。

Cloning Vector pTS1 DNA, Hinc II Treated

本品は、Hincll 部位で消化済みの直線型DNA です。本ベクターの5’末端は、脱りん酸化されていますので、そのままクローニングに使用できます。

特長

  1. pUC 系ベクター由来であるため、多コピー存在。
  2. マルチクローニングサイトはHinc II を中心に、5' 突出型、平滑型、3' 突出型制限酵素部位が対称に配置。
  3. 転写開始点からHinc II の切断点まで、T3の場合は55 base、T7 の場合は56 baseの距離がある。
  4. 2 種類のシークエンスプライマーを使用することで、サイクルシークエンスによる解析も可能。
  5. β - ガラクトシダーゼをコードするE. coli lacZ'α遺伝子断片にマルチクローニングサイトが導入されているので、形質転換された大腸菌を青/白コロニーにて選択可能。
起源 Plasmid pTS1 を保持したE. coli JM109
M.W. 1.82 x 106 Da(2,800 bp)
試薬の調製 Plasmid pTS1 を保持した E. coli JM109 より臭化エチジウム一塩化セシウム密度勾配遠心によって分離した。
形状 10 mmol/l Tris-HCl(pH 7.9), 1 mmol/l EDTA
濃度 0.5 µg/µl
純度 A260/A280 ≒ 1.8(この値はlot により多少異なる)
塩基配列 Cloning vector pTS1 DNA(TEXT 4KB)

▲このページのトップへ

製品内容

Cloning Vector pTS1 DNA (10 µg)
構成品 容量 保存 備考
Cloning Vector pTS1 DNA 10 µg -20°C  
Cloning Vector pTS1 DNA, Hinc II Treated (2 µg)
構成品 容量 保存 備考
Cloning Vector pTS1 DNA, Hinc II Treated 2 µg -20°C  

▲このページのトップへ

使用例

構造模式図

pts1-dna


pTS1のマルチクローニングサイト周辺

 

 

 


pTS1に使用可能なサイクルシーケンス用プライマー

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ