Bubble Block

アガロース消泡剤
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Bubble Block 315-07021 5 ml 2,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


Bubble Block添加による泡の抑制効果
<Bubble Block添加有り:緑テープ>

bubble-block

Bubble Block(バブルブロック)は、アガロースゲル調製時に生じる泡の発生を抑制する消泡剤です。点眼タイプの容器に封入されているため添加が簡単で、一滴が約30 μl です。

電子レンジでバッファー中のアガロースを溶解する場合、本品を適量添加しておくことで沸騰時の泡の発生が抑制され、噴きこぼれの危険性が大幅に減少します。特に、EtBr を含んだアガロースゲルの噴きこぼれは大変危険であり、安全面においても有効な添加剤です。
また、アガロースゲルをトレイに流し込む際にも、泡の発生が抑制されます。

特長

・アガロース調製時の泡を抑制・扱いやすい点眼容器・電気泳動への影響がない・ゲルからのDNA抽出操作やLigation、PCR への阻害がない・室温保存が可能

▲このページのトップへ

使用例

混合前

混合後

bubble-block_mix
bubble-block_after

使用方法

  1. 容器にアガロースとバッファーを量り入れ、十分になじませる。
  2. 本品(Bubble Block)を激しく振って溶液を白濁させてから、1. のアガロースに適量を滴下する。*1
  3. 電子レンジで加熱し*2、アガロースを溶解する。*3

*1 一滴は約30 μl となります。下記の使用例を参考に適量を添加して下さい。
*2 推奨する電子レンジのワット数は、500~600Wです。
*3 噴きこぼれが発生する可能性がある場合には、電子レンジによる加熱を一旦止めて下さい。

使用例1 スタンダードタイプのアガロース

使用アガロース例

調製条件

調製条件:50 ml のアガロースゲル(TAE)を100 mlの三角フラスコ(2 倍容積)で調製。

Bubble Block添加量

ゲル濃度
0.5 %
1 %
2 %
3 %
添加量
-
1滴
1滴
1滴

 

使用例2 短鎖フラグメント分離タイプのアガロース

使用アガロース例

調製条件

調製条件:50 ml のアガロースゲル(TAE)を100 mlの三角フラスコ(2 倍容積)で調製。

Bubble Block添加量

ゲル濃度
0.5 %
1 %
2 %
3 %
4%
5%
添加量
1滴
1滴
1滴
1滴
1滴
2滴

 

使用例3 低融点タイプのアガロース

使用アガロース例

調製条件

調製条件:50 ml のアガロースゲル(TAE)を100 mlの三角フラスコ(3.3 倍容積)で調製。

Bubble Block添加量

ゲル濃度
0.5 %
1 %
2 %
3 %
4%
5%
添加量
1滴
1滴
1滴
1滴
2滴
2滴


上記アガロースは株式会社ニッポンジーンの製品となります。各アガロースの特長は下記ページよりご覧いただけます。
アガロースの種類と特長 (品質管理、アガロースの濃度と分離範囲、アガロースの用途)

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ