富山の地名当てクイズ! 2021年6月14日号のこたえ

ホーム> こたえ

 


雨 晴

読み方:あまはらし


雨晴海岸から見た立山連峰
雨晴海岸から見た立山連峰 (写真=(c)PhotoAC-4913325)

義経岩
「義経岩」 写真 (c) (https://www.takaoka.or.jp/viewpoint/archives/815)

『雨晴(あまはらし)』は、富山県高岡市太田にある海岸沿いの地区です。
雨晴

1187年(文治3)、源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという「義経岩」があり、地名「雨晴(あまはらし)」の由来ともなっています。雨晴海岸からは標高3,000m級の立山連峰を望むことができ、雨晴海岸一帯は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」の句※1に取り込んだ由緒地としても知られています。

※1.「早稲(わせ)の香や分入(わけいる)右は有磯海(ありそうみ)」

参考URL:http://www.oota-amaharashi.jp/nature_culture_history/coast.html

 



 

ニッポンジーン遺伝子工学研究用試薬のメールマガジンをご覧いただきありがとうございます。

 

▲このページのトップへ

 

ページトップ