Takyon™ Blue Mastermix for Probe Assayシリーズ

リアルタイムPCR用試薬(蛍光標識プローブ検出系)
品名 Code No. 包装単位 価格 備考(Eurogentec Code)
Takyon Blue Mastermix for Probe Assay ROX 310-81451 750反応用 73,500円 UF-RPMT-B0701
Takyon Blue Mastermix for Probe Assay Low ROX 317-81461 750反応用 73,500円 UF-LPMT-B0701
Takyon Blue Mastermix for Probe Assay No ROX 314-81471 750反応用 73,500円 UF-NPMT-B0701

製造元 Eurogentec S.A.

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明


Takyon Blue Mastermix

Eurogentec社が新しく開発したTakyon(タキヨン)シリーズは、ファストプロトコールに対応した蛍光標識プローブ検出系のリアルタイムPCR用マスターミックス(2 x 濃度)です。
また、qPCRの反応系、検出系に影響を与えないBlue Dyeが添加されており、試薬自身の視認性が向上しています。

特長

・2 step PCRでのファストプロトコールに対応 ・青色の溶液で視認性が良く、PCRプレートへの分注作業効率が大幅向上 ・低コピー域で高い感度を発揮 ・高感度、高再現性

注意事項

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

包装単位は20 µl反応系での使用回数です。

保存方法

-20°C(遮光)
長期保存する場合は-20°C(遮光)で保存して下さい。1年間安定です。 4°C保存の場合は約6ヶ月間の保存が可能です。

・Takyon Blue Mastermix for Probe Assay ROX
構成品 容量 形状
2 x MasterMix
7.5 ml x 1 Takyon DNA polymerase, ROX Passive reference, Mg2+(5.5mM final conc.), dNTP Mixture, Inert blue dye, stabilizers
50mM MgCl2
1.5 ml x 1 50mM MgCl2 solution
対象機種: ABI GeneAmp® 5700, ABI Prism® 7000/7700/7900, ABI7300, StepOne/StepOnePlus(FAST Compatible), MasterCycler® ep realplex
・Takyon Blue Mastermix for Probe Assay Low ROX
構成品 容量 形状
2 x MasterMix
7.5 ml x 1 Takyon DNA polymerase, ROX Passive reference(low conc.), Mg2+(5.5mM final conc.), dNTP Mixture, Inert blue dye, stabilizers
50mM MgCl2
1.5 ml x 1 50mM MgCl2 solution
対象機種: ABI Prism® 7500, Mx3000P/3005/4000, ViiA7
・Takyon Blue Mastermix for Probe Assay No ROX
構成品 容量 形状
2 x MasterMix
7.5 ml x 1 Takyon DNA polymerase, Mg2+(5.5mM final conc.), dNTP Mixture, Inert blue dye, stabilizers
50mM MgCl2
1.5 ml x 1 50mM MgCl2 solution
対象機種: LightCycler®96/480/Nano, Rotor-Gene®2000/3000/6000/Q, Thermal Cycler Dice®, Smart Cycler® I/II, CFX96 Touch, iCycler iQ®, iQ5, MyiQ®, DNA Engine Opticon®1/2, Chromo4, Mini Opticon®, Quantica®, Mastercycler® ep realplex I/II, Mx3000P/3005/4000

▲このページのトップへ

実験例

実験例1 2step-PCR条件でのアニーリング・伸長時間の検証

2step-PCRにおけるPCR Fastプロトコールで、アニーリング・伸長時間を5, 15, 30秒の設定で増幅(115 bp)の比較を行った。

 
Template: 
ヒトミトコンドリアDNA 30ngの希釈系列( x 1/8)+NTC
 
Probe: 
Double Dye Probe
 
定量PCR 試薬: 
Takyon Blue Mastermix for Probe Assay No ROX (UF-NPMT-B0701)
 
PCR volume: 
25 µl
 
サンプル数: 
n = 2
 
装置: 
Roche LightCycler® 480
 
PCR condition: 
95°C 3分→(95°C 3秒→60°C 5, 15, 30秒) x 45サイクル

結果

アニーリング・伸長時間の設定(5, 15, 30秒)による増幅比較

得られた増幅曲線により、アニーリング・伸長 60°C 15秒でも解析可能な増幅が得られた。

実験例2 他社製品との増幅の比較(増幅長:81bp)

 
Template: 
cDNA(B2M)の2コピー数までの希釈系列( x 1/8)+NTC
 
Probe: 
Double Dye Probe
 
定量PCR 試薬: 
Takyon Low ROX Probe MasterMix UNG(UF-LPMU-C0701)
 
比較対象: 
L社製品
 
PCR volume: 
25µl
 
サンプル数: 
n=3
 
装置: 
ABI Prism® 7500
 
PCR condition: 
95°C 3分→(95°C 3秒→60°C 25秒) x 50サイクル

結果

増幅曲線の比較(左から Eurogenetc社製品、L社製品)

Eurogenetc社製品で得られた増幅曲線では蛍光値が高く、鋳型DNA濃度が希薄な場合でも、十分な蛍光値が得られた。また、増幅のバラツキも少なく安定した増幅が得られた。

実験例3 ハイスループット仕様のリアルタイムPCR装置での増幅比較(増幅長:74bp)

 
Template: 
cDNA(ヒト 18S rRNA)5pgの希釈系列(x 1/8)+NTC
 
Probe: 
Double Dye Probe
 
定量PCR 試薬: 
Takyon Blue Mastermix for Probe Assay No ROX (UF-NPMT-C0701)
 
比較対象: 
Q社製品
 
PCR volume: 
5 μl
 
サンプル数: 
n = 3
 
装置: 
Bio-Rad CFX384
 
PCR condition: 
95°C 3分→(95°C 3秒→60°C 20秒) x 50サイクル

結果

増幅曲線と検量線の比較(左から Eurogenetc社製品、Q社製品)

Eurogenetc社製品で得られた増幅曲線では比較的蛍光値が高く、鋳型DNA濃度が希薄な場合でも、十分な蛍光値が得られ、NTCでの増幅なく特異性の高い結果となった。また、増幅のバラツキも少なく安定した増幅が得られた。

考察

Takyon Blue Mastermix for Probe Assayシリーズは、他社製品と比較して蛍光値が高く、鋳型DNA濃度が希薄な場合でも、十分な蛍光値が得られ、バラツキも少なく安定した増幅が得られる。また、NTCでの増幅なく特異性が高いことが示された。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ