Bacterial Alkaline Phosphatase (E. coli A19)

BAP
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Bacterial Alkaline Phosphatase (E. coli A19) 318-01531 20 units 20,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、ほとんどすべてのりん酸モノエステル化合物を非特異的に脱りん酸化する反応を触媒しますが、二りん酸および三りん酸化合物を分解しない酵素です。本品は遺伝的にRNase l を作らないE. coli A19 株より精製されているため、RNase の混入が非常に少ない製品です。

起源 Escherichia coli A19
活性 0.1 ~ 0.5 units/µl
単位の定義 1 unit は、p-Nitrophenyl Phosphate から、25°C、pH 8.0 で、1 分間に1 µmol のp-Nitrophenol を遊離させる酵素活性とする。
形状 10 mmol/l Tris-HCl(pH 8.0), 100 mmol/l KCl, 1 mmol/l MgSO4, 50%(v/v)Glycerol
酵素反応条件 100 mmol/l Tris-HCl(pH 8.0), 1 mmol/l MgSO4, 37°C
添付の酵素反応専用バッファー(1 ml × 1 本)は酵素反応条件の10 倍濃度である。例えば反応容量が50µlの場合には酵素反応専用バッファーを5 µl 加える。
純度 本酵素1 unit と1µg のλ/Hind lllラグメントとを37°C 24時間反応させても、DNA のアガロースゲル電気泳動パターンに変化は認められない。本酵素1 unit と、2 µg の基質RNA とを37°Cで24 時間反応させても、RNA のアガロースゲル電気泳動パターンに変化は認められない。

▲このページのトップへ

製品内容

Bacterial Alkaline Phosphatase (E. coli A19)
構成品 容量 保存 備考
Bacterial Alkaline Phosphatase (E. coli A19) 20 units -20°C  
10 x BAP Buffer 1 ml -20°C 添付反応バッファーは、酵素反応条件の10倍濃度です。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ