Competent E. coli シリーズ

大腸菌コンピテントセル
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
Competent E. coli HB101 318-01313 100 μl x 10本 18,000円  
Competent E. coli JM109 316-01353 100 μl x 10本 18,000円  
Competent E. coli DH5 319-01701 100 μl x 10本 18,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品は、一般的に使用されている大腸菌株のコンピテントセルです。

▲このページのトップへ

製品内容

形質転換効率*1

*1< pBR322 DNA 0.1 ngを用いた場合

輸送方法

-80°C

使用上の注意
Competent E. coli は一度融解すると時間の経過とともに形質転換効率が下がるため、融解後はできるだけ早くご使用下さい。
また、融解後の再凍結保存は避けて下さい。

遺伝子型

HB101 leuB6, proA2, recA13, thi-1, ara-14, lacY1, galK2, xyl-5, mtl-1, rspL20, supE44, hsdS20,(rB- mB- at least thi-hsd from Escherichia coli B)
JM109*2 endA1, gyrA96, thi, hsdR17, supE44, relA1, Δ(lac-proAB), recA1, F'[ traD36, proAB, lac q, lacZΔM15]
DH5 supE44, hsdR17, recA1, gyrA96, endA1, thi-1, relA1


*2 クローニング部位がlacZ 遺伝子中にあるベクターDNA を用いて形質転換を行った際に、X-Gal およびlPTG を含む培地でblue/white 選択を行うことができる。

▲このページのトップへ

使用例

プロトコール(Transformation Kit を使用した場合)

protocol 注1) この時加えるプラスミドDNA の容量は約10 μl までにする。10 μl 以上加えてもよいが、効率が下がる場合がある。
注2) 使用直前に融解し、よく振って一様にした後コンピテントセルの4 倍量を分注してあらかじめ37℃で保温しておく。SOC 培地も使用できる。
注3) 試験管は、なるべく径の太いものを使用した方がHi-Competence Broth の効果が高まる。
注4) 必要であればHi-Competence Broth で希釈する。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

▲このページのトップへ

関連情報

備考

参考文献

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ