ISOGENを用いたグラム陽性菌からのRNA抽出
    グラム陽性菌の細胞壁は厚いため通常のISOGEN法では少量のRNAしか抽出できません。
   
そこで、ガラスビーズで処理して細胞壁を破壊し、RNAの抽出を試みました。その結果、収量、純度ともに大幅に改善されました。

ISOPLANTで収量を上げるためのヒント
    ISOPLANTでDNA抽出する際に、DNAの回収率を向上させるためのちょっとしたヒント集です。

ISOHAIRを用いた口腔粘膜からのDNA抽出
    毛髪や爪以外の試料からも、ISOHAIRを用いてDNAを抽出できます。
    この例ではISOHAIRを用いて口腔粘膜よりゲノムDNAを抽出し、得られたDNAを鋳型としてPCRにてp53遺伝子(Exon 10 ;279bp)の増幅を行いました。

ISOGEN/ISOGEN-LSを用いた酵母からのRNA抽出例
    酵母は厚い細胞壁を持つため、通常のISOGEN/ISOGEN-LS処理のみで、RNAを効率良く回収するのは困難です。
     そこでZymolyaseを用いて細胞壁を溶解し、RNA抽出を試みました。

バンド移動距離に対するAgarose濃度の影響
    Agarose Sの0.5%、1%、2%の濃度のゲルで、分子量マーカーを泳動し、バンド移動距離に対するAgarose濃度の影響を調べたました。
     ゲル作成の際の濃度決定のご参考になれば幸いです。

ISOHAIR実験例 アルデヒドデヒドロゲナーゼ2遺伝子の遺伝子型決定
    3検体のヒトの毛髪からDNAを抽出し、正常型特異的増幅と変異型特異的増幅を行い、アルデヒドデヒドロゲナーゼ2遺伝子の遺伝子型を決定しました。

ISOGENを用いた骨からのRNA抽出
    試料を液体窒素中で磨砕することでラット脊椎からRNA抽出を試みました。純度、収量ともに良好な結果が得られました。

ISOPLANTとISOPLANT IIを用いた米1粒からのDNA抽出
    ISOPLANTとISOPLANT IIを用いると、玄米、精米、米飯の1粒からでも容易にDNAを抽出できます。抽出したDNAはPCRの鋳型として使用できます。

Ligation-Convenience Kit参考資料「ベクター:インサートモル比の検討」
    効率的なLigationを行うためには適切なインサート : ベクターモル比で実験を行うことが重要となります。
     ニッポンジーン社内にて検討を行った結果を掲載しております。

ISOHAIR実験例 MCT118型検査
    ヒトの毛髪からDNAを抽出し、法医学資料からの個人識別などに用いられているMCT118座位の増幅を行いました。

ISOIL実験例 活性汚泥からのDNA抽出
    活性汚泥液等の液状のサンプルからDNAを抽出する場合、プロトコルを若干変更することで、DNAの収量が増加します。

ISOIL実験例 スキムミルクを用いたISOIL for Beads Beating改変プロトコル
    Lysis Solution BBにスキムミルクを添加することでアロフェン質の多い土壌からのDNA抽出効率を高められます。

ISOIL実験例 ISOILの改変プロトコールとネコブセンチュウの検出
    「ISOIL」のプロトコールを改変することでDNAの抽出効率が良くなった例をご紹介致します。

ISOIL for RNA実験例 ISOGEN II による夾雑物の除去
   DNase 処理プロトコールの代わりに、RNA抽出用試薬ISOGEN II (Code No. 316-06211)を用いて核酸溶液を精製し、
   DNAおよび夾雑物の除去を行いました。

Ligation-Convenience Kit参考資料「Ethachinmateの影響」
    共沈剤であるEthachinmateとLigation-Convenience Kitを併用した場合の形質転換への影響を確認しました。

Thermostable β-Agarase参考資料 「酵素添加量の検討」
    
 




Copyright © 2012 NIPPON GENE CO., LTD. All Rights Reserved