LAMP法用測定装置 LF-8 Plus

LAMP-FLP法を用いた遺伝子多型解析装置
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
LAMP法用測定装置 LF-8 Plus NE4041 1台 585,000 円  

製造元 (株)ニッポンジーン
販売サイト e Genome Order

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

LF8 Plus
LAMP法用測定装置 LF-8 Plus

LAMP法用測定装置 LF-8 Plus は、LAMP-FLP法を用いた遺伝子多型解析装置として開発されました。このため、濁度と蛍光の2種類の測定器を搭載し、1回の測定で両方のデータ取得を行うことができます。

付属のPCソフトウェア「LF-8 Manager」では、LAMP-FLP法による濁度測定と遺伝子多型解析を行うことができます。また、PCソフトウェア「LF-8 Analyzer」では、蛍光物質 (二本鎖DNA 結合性蛍光分子、インターカレーターなど) による遺伝子増幅データの解析や会合曲線解析を行うことができ、両ソフトウェアを用いる事で、遺伝子多型解析だけでなく、様々なLAMP法による測定を行うことができます。

プログラム次第で、今までになかった新しい実験手法を見つけることが可能になります。操作は非常にシンプルで、STARTボタンを押すだけで予めプログラムされた通りに遺伝子増幅および測定を行います。

特長

LAMP-FLP法による多型解析システムが更に向上!!

“プレヒート機能の追加” & “冷却システムの改良”

非常にシンプルな操作

START ボタンを押すだけで予めプログラムされた通りに反応と解析を行います。

わずか数十分の解析時間

酵素法による毛根からのDNA抽出(10分)→LAMP法による遺伝子増幅(30分)→FLP法によるSNPsタイピング(10分)

2種類(濁度・蛍光)の測定器を搭載

遺伝子増幅を濁度測定で確認し、蛍光プローブを用いた会合曲線解析によって遺伝子多型の検出を行うことができます。

遺伝子多型解析が可能

hantei
遺伝子多型の解析結果は、LED ランプの点灯パターンによってお知らせします。
また、反応に失敗した場合は、ランプが赤色に点灯して反応エラーをお知らせします。

LAMP-FLP法について

LAMP-FLP法は、LAMP(Loop-mediated Isothermal Amplification)法による遺伝子増幅と、蛍光共鳴エネルギー移動現象(Fluorescence Resonance Energy Transfer)を利用して、遺伝子多型を簡便に検出することができる方法です。
詳細はこちら

▲このページのトップへ

製品内容

LAMP法用測定装置 LF-8 Plus
構成品 容量 備考
LF-8 Plus 本体
1台
 
電源アダプタ(電源アダプタ及び電源ケーブル)
1式
 
PCソフトウェア(LF-8 Manager、LF-8 Analyzer)
1枚
CD-Rに内蔵
取扱説明書
1部
 

※LF-8 Plus 本体とPC を接続するためには、RS232C ケーブルと、お客様のPC環境に合わせてRS232C-USB 変換ケーブル (PC のシリアルポートを使用する場合は不要です) を別途ご準備下さい。詳細につきましては、お問合せ下さい。

装置仕様

サンプル数 8穴 x 1
サンプルの容量 25 µl
外形寸法 縦260 mm x 横 170 mm x 高さ 127.5 mm (蓋を開けた時の高さ 177.5 mm)
重量 2.3 kg
電源 DC 12 V 30 W
温度調節 加熱方法 ロッドヒーターによる間接加熱方式
温度調節 冷却方法 ファンによる空冷方式
温度調節範囲 サンプルホルダ: 室温から100°Cまで(最低10℃ - 最大110℃)
蓋: サンプルホルダより5+℃
温度分解能 0.1°C
温度分布 40℃の場合: 1.0℃
70℃の場合: 1.5℃
100℃の場合: 2.0℃
プレヒート機能 60℃
濁度検出方式 LED、フォトセンサを用いた透過式光測定法
濁度検出光源 LED ピーク波長 465 nm
濁度検出器 フォトダイオード
濁度検出サンプリング時間 1 秒/ 回
蛍光検出方式 LED、フォトセンサ、フィルタを用いた拡散式蛍光測定法
蛍光検出光源 LED ピーク波長 465 nm
蛍光検出器 フォトIC
蛍光検出フィルタ ロングパスフィルタ 境界波長 520 ±5 nm (T = 50%)
蛍光検出サンプリング時間 1 秒 - 5 秒/ 回
表示 LED
外部通信機能 RS-232C
その他の機能 カレンダー機能、パラメータ設定、測定データ収集、測定結果収集、他
環境温度 20℃-30℃ (推奨温度25℃)

▲このページのトップへ

使用例

実験例: Human ALDH2 (rs671) の遺伝子多型解析

ALDH2 遺伝子領域の遺伝子多型は、アルコール代謝産物であるアセトアルデヒドの代謝との関連が報告されています。

 

① 鋳型DNA の調製

被験者3人(A,B,C)から毛髪を採取し、その毛根部3 本からゲノムDNA を抽出した。

 

② Genotyping 反応液の調製

氷上で、鋳型DNA を加えていない反応液を 21 μl 分注した後、DNA 抽出液 4 μl を添加した。

【反応液組成】  
  10X Bst Reaction Buffer 2.5 µl
  dNTPs Mixture (25 mM each) 1.4 µl
  Primer Mix rs671 2.5 µl
  Genotyping Probe rs671 2.5 µl
  Bst DNA Polymerase 1.0 µl
  DNA抽出液(毛根ゲノムDNA) 4.0 µl
  d.d.H2O Up to 25.0 µl

 

③ 標的遺伝子の増幅反応

LF-8 Plusに②で調製したチューブをセットし、反応を開始した。

【反応条件】  
  増幅 68°C、30分間
  酵素失活 98°C、5分間
  会合曲線解析 94°C→ 35°C

 

④ 遺伝子多型の検出(会合曲線解析)

data1

実験例: LF-8 Manager を用いた濁度測定

genie3_zouhuku

PC ソフトウェア“LF-8 Manager”にて、濁度測定用試薬によるDNA 増幅を測定した。

実験例: LF-8 Analyzer を用いた会合曲線解析

genie3_kaigou

PC ソフトウェア“LF-8 Analyzer”にて、蛍光インターカレーターによる遺伝子増幅データの会合曲線解析を行った。
このとき用いたLAMP プライマーおよび鋳型DNA はそれぞれ異なる配列である。 それぞれの標的領域が異なる温度で再会合している為、ピーク温度に違いが生じている。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

リーフレット

お客様活用事例

▲このページのトップへ

関連情報

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
 
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン
 

ページトップ